民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. お話一覧

(全886話)

大工と鬼六(だいくとおにろく)
PICKUP

大工と鬼六(だいくとおにろく) 【岩手県

むかし、あるところに、たいそう流れの速い川があったと。何べんも橋を架(か)けたことはあるのだが、架けるたんびに押し流されてしまう。「なじょしたら、こ…

この昔話を聴く

尻尾の釣り(しっぽのつり)
PICKUP

尻尾の釣り(しっぽのつり) 【青森県

むかし、あるところに、猿とかわうそが棲(す)んでいたそうな。猿は、かわうそがいつも魚をとってはおいしそうに食っているのを見て、うらやましくてたまらな…

この昔話を聴く

木仏長者(きぼとけちょうじゃ)
PICKUP

木仏長者(きぼとけちょうじゃ) 【青森県

むかし。ある長者が、金(キン)で作った、それはそれはみごとな仏さまを持っていた。長者はいっつも、下男や下女に、「この世に二つとない金仏(カナボトケ)…

この昔話を聴く

夢合わせ(ゆめあわせ)
PICKUP

夢合わせ(ゆめあわせ) 【秋田県

むかしむかしあったと。あるところにお大尽(だいじん)がいてな、正月の二日(ふつか)に何人もの下男下女を集めて、夢合わせしたそうだ。「わたしゃあ、こう…

この昔話を聴く

福の神になった貧乏神(ふくのかみになったびんぼうがみ)

福の神になった貧乏神(ふくのかみになったびんぼうがみ) 【山形県

むがし、むがし。ある村さ、若げ夫婦者がいだったと。 そごの家には、昔から貧乏神(びんぼうがみ)が一人、ずっと住んでいだったと。

この昔話を聴く

地蔵様と笠っコ(じんぞさまとかさっこ)

地蔵様と笠っコ(じんぞさまとかさっこ) 【秋田県

昔、あったけど。 ある村さ、孫三郎(まごさぶろう)とお米(よね)と云(い)う年寄(としよ)った夫婦住んでだずおん。

この昔話を聴く

サルとカエルの餅競争(さるとかえるのもちきょうそう)

サルとカエルの餅競争(さるとかえるのもちきょうそう) 【福島県

むかし サルとカエルがおって、餅搗(もちつ)いて食べまいかという相談をしたと。 ペッタラペッタラペッタラコ ペッタラペッタラペッタラコ

この昔話を聴く

医者どんと和尚さま(いしゃどんとおしょうさま)

医者どんと和尚さま(いしゃどんとおしょうさま) 【新潟県

むかし、あるところに医者どんと和尚さまがいてあったと。 ある日、医者どんのところへ和尚さまから手紙が届いた。

この昔話を聴く

雲取仁左衛門(くもとりにざえもん)

雲取仁左衛門(くもとりにざえもん) 【大阪府

昔、あるところに大泥棒(おおどろぼう)がいて、たくさんの手下をかかえて、西から東まで各地の大店(おおだな)を襲(おそ)っておった。

この昔話を聴く

爺さまとカニ(じさまとかに)

爺さまとカニ(じさまとかに) 【新潟県

むかし、あるところに子供のおらん爺(じ)さまと婆(ば)さまがおった。 爺さまは、毎日山へ柴(しば)を刈(か)に出かけたと。 ある日のこと、いつものように山で柴を刈っていると、のどが乾(かわ)いた。

この昔話を聴く

犬猿の仲(けんえんのなか)

犬猿の仲(けんえんのなか) 【埼玉県

むかし、あるところにお兄ちゃん犬と妹犬(いもうといぬ)があったって。 ある日のこと、二匹が連れだって歩いていたら、道端におむすびがふたつ落ちていた。

この昔話を聴く

並松の狸(なみまつのたぬき)

並松の狸(なみまつのたぬき) 【高知県

土佐の並松(なみまつ)、今の高知県加美郡土佐山田町八王子(こうちけんとさやまだちょうはちおうじ)から、すずれ場のあたりは、今でこそ広い舗装道路(ほそうどうろ)がついて、道の両側(りょうがわ)には新しい家が建っちょりますが、昔は家ものうて、道の両方にはこじゃんと大きい木があって、うんと寂(さび)しい所じゃった。

この昔話を聴く

人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)

人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま) 【山形県

むかしむかし、日本の隣(となり)の國(くに)、中国の宋(そう)の国に、塞翁(さいおう)という人がいたそうな。 あるとき、塞翁は姿のいい女馬(おんなうま)を買ってきたそうな。

この昔話を聴く

和尚と博打こぎ(おしょうとばくちこぎ)

和尚と博打こぎ(おしょうとばくちこぎ) 【秋田県

むかし、ある所に和尚(おしょう)さんと小坊(こぼう)っこと二人暮らしてあったと。 その村に、三助ていう博打(ばくち)こぎいたと。

この昔話を聴く

カラス女房(からすにょうぼう)

カラス女房(からすにょうぼう) 【青森県

むかし、茶売りの兄様(あんさま)があったと。 兄様は、女房(にょうぼう)をもらうなら飯(まま)を食わない女が欲しいと探していたと。

この昔話を聴く

アラキ王とシドケ王(あらきおうとしどけおう)

アラキ王とシドケ王(あらきおうとしどけおう) 【鹿児島県

むかし、むかし、九州のずっと南にある喜界(きかい)ガ島(じま)というところに、二人の王さまがおったそうな。 アラキ王とシドケ王といって、ふたりとも、大層(たいそう)力持ちの王さまだったと。

この昔話を聴く

納豆の由来、二題(なっとうのゆらい、にだい)

納豆の由来、二題(なっとうのゆらい、にだい) 【山形県

むかし、加藤清正(かとうきよまさ)が戦で朝鮮(ちょうせん)に行ったときのこと。 陸上では負けしらずの戦いぶりであったが、海上では日本の水軍が負けた。海上封鎖(かいじょうふうさ)されたので、日本からの補給(ほきゅう)がなくなったと。

この昔話を聴く

闇夜の柿(やみよのかき)

闇夜の柿(やみよのかき) 【熊本県

昔、あるところにお寺があったと。 お寺の庭(にわ)の柿の木に、枝もたわわに実がなって、秋にはその実が赤く熟れて、うまそうだと。

この昔話を聴く

猫と化け鼠(ねことばけねずみ)

猫と化け鼠(ねことばけねずみ) 【岐阜県

昔、ある村に小さな寺があって、気の良い和尚さんと寺男が住んでいたと。 ある日、和尚さんが寺の前の川で洗い物をしていたら、仔猫(こねこ)が板に乗って流れてきた。

この昔話を聴く

せんとくの金(せんとくのかね)

せんとくの金(せんとくのかね) 【山形県

むがし、あるところに諸国(しょこく)を巡り歩いている六部(ろくぶ)がおったと。 あるとき、山径(やまみち)を歩いていたら喉(のど)がかわいた。

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦ください。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

感動
「民話の部屋」の感想

色々な民話があって面白い

怖い
「民話の部屋」の感想

猫山は怖いけれど心温まる話だなあっと思いまっした【❣】( 10歳未満 / 女性 )

驚き
犬の眼」の感想

この「犬の眼」、は八つ前の「犬の眼」とほぼ同じ話ですね。 同じ話を、一つの県の話として二つも載せる意味はないように思いますけど。

もっと表示する
驚き
ミソサザイ」の感想

こうして格好つけていると罰が当たるんだなと改めておもいました。( 10歳未満 / 男性 )

楽しい
「民話の部屋」の感想

読んでくれるから楽!もっと読みたい。( 10歳未満 / 女性 )

怖い
閻魔の失敗」の感想

《えんまのしっぱい》で、 「怖いえんまでも、しっぱいは、するんだな」と、驚きました(*'▽'*)