民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 面白い人・面白い村にまつわる昔話
  3. 見なきゃ良かった 聞かなきゃ良かった

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

みなきゃよかった きかなきゃよかった
『見なきゃ良かった 聞かなきゃ良かった』

― 宮城県 ―
語り 井上 瑤
話者 佐藤 義子
採集・再話 佐々木 徳夫
整理・加筆 六渡 邦昭

 むがすあったずもな。
 あるどごに旅人(たびびと)がいて、歩いでいだら日が暮れだ。
 「野宿はしたくねぇし、今夜一晩(ひとばん)泊めて呉(け)るどご無(ね)がなぁ」
っで言って、なおも歩いでいだら、うまいごどに一軒家(いっけんや)があったど。
 「旅の者だが、何とか一晩泊めてもらえねべが」
っで言っだら、お婆(ば)ンつぁんが孫を抱いて出て来て、
 「この通りのあばら家(や)でもよがったら、お泊まんなえん」
っで言って、旅人んこと、囲炉裏端(いろりばた)さ招(しょう)じ入れたど。お婆ンつぁんは、


 「ちょうど雑炊(ぞうすい)を作ってだがら、熱(あっつ)いどごあげっから」
っで言って、孫を膝さ抱き上げて、シャクシで雑炊をかき混ぜたど。
 旅人は火に手をかざしてあたりながら、今できるか、今できるかと待っていたど。
 お婆ンつぁんの膝の上の孫、顔赤らめて息んだったが、そのうち孫の裾(すそ)から、かたいナニがコロコロ転がって、鍋の中さポチャンと入ったど。気がつかねえお婆ンつぁん、シャクシでガラガラかき混ぜたど。 
 旅人は腹の虫がグーグー鳴っても、とっても食う気がしなかったど。
 お婆ンつぁん、欠けた椀にその雑炊山盛りにして、
 「さぁさ、どうぞおあがんなえん」
っで言っだ。
 「あいや、あ、痛ダ、イダダァ。急に腹が差し込んで、あ、痛ダ。せっかくだども、今夜は食わねほうがいいど思うがら、お湯コだけいただきます」


 旅人は、なんとか雑炊をまぬがれて、煎餅蒲団(せんべいぶとん)かりて寝たど。んだども、腹の虫がグーグー騒(さわ)いで収まんね。厠(かわや)さ起きる振りして、そうっと台所さ行って戸棚(とだな)の中を探したら、小皿に茄子(なす)がひとつあったど。ホヤーと温(ぬ)くかったんで、煮付の残りかと思って、一口に食ってしまっだど。

 次の朝ま、お婆ンつぁんが台所で、
 「小皿さ置いでだ茄子が見えなくなったや。どごさ行ったべ。ありゃぁ温めて痔(じ)をあっためる茄子なのに」
っで言ってるのを旅人が聞いだ。
 旅人は気持ち悪くなったげんども、腹の底さ入ってしまって、何どもしょうがなかったど。
こんで、えんつこもんつこ、さげた。

「見なきゃ良かった 聞かなきゃ良かった」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい

とても面白いです!

楽しい

うんちが入ってしまったなんてとてもぐうぜんだと思いました! 面白かったです!

楽しい

泊めてくれるいいおばあさんの家に泊めてもらったのにうんこの入った雑炊を出されるはお尻を吹いたナスを食べるはで怖いけどゆかいだ。( 10代 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

一休さんの引導(いっきゅうさんのいんどう)

むかし、京の都に一休(いっきゅう)さんと親しまれた立派な和尚(おしょう)さんがおられた。その一休和尚さんが、和尚さんになる前の、まだずっとこんまいと…

この昔話を聴く

息子の嫁(むすこのよめ)

 むかし、あるところに大分限者(ぶげんしゃ)があった。  大分限者には息子が一人あって、三国一景色のいい男であったと。年頃(ごろ)ともなると、あっちこっちから、どこそこの娘(むすめ)を嫁(よめ)に、という話が…

この昔話を聴く

ネズミの金干し(ねずみのかねほし)

昔、あるところに爺さがおったと。爺さ、山に焼畑(やきはた)に行ったと。四隅(しすみ)を畝(うな)い、木組(きぐみ)をして焼き飯を供(そな)え、山の神…

この昔話を聴く

現在886話掲載中!