民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 世間話にまつわる昔話
  3. またぎと旅人

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

またぎとたびびと
『またぎと旅人』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
再話 今村 泰子
整理 六渡 邦昭

 昔、昔なァ。
 横手の辺りさ草コぼうぼうおがってえた頃、その中さ、ポツンと二軒の家(え)コ並んでたけど。
 一軒な、またぎで、もう一軒な百姓(ひゃくしょう)でシャ、わずかばしの畑コ作って、貧しく暮らしてえたど。

 ある夏の暑い日、またぎ、獲物(えもの)コとりにずっと遠ぐの方さ歩(あれ)えて行ったけど。したどもその日ぁ兎(うさぎ)コ一匹見ねくて、たんだ暑い思いしたばりで、すっかりきげんコ悪ぐしてしまったけど。
 して、小川のほとりで、腹(はら)も減ったし飯(まま)でも食うべど思て、石の上さ腰(こし)をおろし、握り飯(にぎりまま)かじって、小川の水でのどっコうるがし、ホッとして顔(つら)上げだば、向こう岸さ一人の旅人、倒れでるな見つけだけど。

 
 「かわいそうだごど」
 ど思うて、急えで川越えで行って助け起こし、水コ飲ませで、家さ連れで帰ったけど。
 気のやさしい妻(あば)も、まめにかいほうして呉(け)たなで、その旅人ぁ見でる中に顔色も良(え)ぐなって元気とり戻したけど。
 旅人ぁ、作って呉た粥(かゆ)っコ大層(たいそう)喜んで食た風だのも、その頃またぎの家(え)では米コ少ししか無(ね)ぇものだから、二・三日の間(ま)、夫婦達(ふうふだ)飯(まま)食(か)ねで旅人さばし食(か)せぇで居だけど。
 したども、そのうち、とうどう一粒(ひとつぶ)の米っコも無くなってしまったもんだから、仕方無く、隣りの百姓の家さ相談に行ってみだど。
 それがら二・三日の間、百姓の家で新しい野菜まで添えて気持ち良ぐ貸して呉だなで、助かだ風だ。
 そのお陰で、旅人ァ大した元気になて、表さ歩きに出るよになたけど。


 して、またぎァ石ころ投げて獲物(えもの)コとてるな見で、その石さ紐(ひも)コつけでケモノさぶっけでとる方法教えだけど。
 それでまたぎァ教ぇらえだままやってみだば、やっぱり獲物コ良ぐとれだ風だ。
 したば、隣の百姓、それ見でで、わ(自分)どさも、もっともっと米コ一杯とれる方法教えでけれって、旅人さ頼んだど。
 したば旅人ぁ、小川から水引く方法教えだけど。その通りやて見たば、その秋、狭(せめ)え田がら米コ一杯(えっぺ)とれだもんだがら、百姓ぁ大喜びしたけど。

 
 そのうち冬来て、雪コ降て来たけど。
 旅人ぁまたぎさ言ったけど。
 「田ァ作れ。雪コ解けて春さなってがら初めて雨コ降った時、田耕(たがや)してヨ、次に雨コ降ったらよ、苗(なえ)っコ植えれば良え。水、お前(め)やおれどこ助けで呉た所(どこ)がら湧(わ)いてくるべがら、そごがら引け」
 て教えで、ある月の明かり晩げ、あとも残さねで、どこがさ行ってしまった風だ。
 
またぎと旅人挿絵:福本隆男


 正直だまたぎ、教えらえだよに、二度目の雨のあど、隣りの百姓がら、枯れがげだ苗っコ貰(もら)て、一生懸命(いっしょうけんめい)植えだけど。
 それ見でだ隣りの百姓ぁ、
 「なして出来るだってヨ」
 て、馬鹿(ばか)にした顔して笑ていだふだども、稲コすくすくど伸びで行って、秋なったば、見事な穂っコついで、大豊作(だいほうさく)になったけど。
 
 またぎぁ、あの旅人、そのあどなんとしたべど思っているどごさ、ひょこっと帰って来たけど。
 或(あ)る日、旅人ぁ隣の百姓の畑、あやまって踏(ふ)んづけでしまたけど。


 前から旅人どご心良く思て居ながった百姓、プンプンに怒って、旅人どごしつっこく責めだけど。
 仲裁(ちゅうさい)に入ったまたぎさまで傷つけでしまったけど。
 またぎの傷だば旅人の介抱(かいほう)で、早ぐ良ぐなたふだものシャ。
 して、また冬なって、雪コ降て、前ど同じような月夜に旅人ぁ、姿消してしまて、とうとう二度と帰って来ねがったど。
 したば、次の年がら、百姓の家の米の収穫(しゅうかく)ずっと少ねくなってしまい、またぎの田の方ぁなんただ日照りの時でも、旅人の教えで呉た水のおかげで干あがるような事ねがったど。
 またぎぁ田、どんど切り開いでいって、豊かにくらしたっちゅう話コだシャ。

 とっぴんぱらりのぷう。

「またぎと旅人」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

夫婦のむかし(みょうとのむかし)

昔、昔の大昔。なんでも、人間ははじめ、夫婦(みょうと)が背中あわせにくっついて生まれてきていたそうな。あるときのこと、大勢の人間たちが集まって、神さ…

この昔話を聴く

野山で使う箸(のやまでつかうはし)

昔あったけど。弘法(こうぼう)さまていう偉(えら)い坊さまが、あるとき旅してらして、河原で昼飯にするごとにしたど。

この昔話を聴く

猿とカニ(さるとかに)

むかし、あるところにサルとカニがおったって。あるとき、カニが河原(かわら)を散歩していたら握(にぎ)り飯がひとつ落ちていた。拾うて運んでいたら、サル…

この昔話を聴く

現在886話掲載中!