民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋 > 
  2. 世間話にまつわる昔話 > 
  3. 火車猫

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

かしゃねこ
『火車猫』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭

 むかしあったんですと。
 火車猫(かしゃねこ)というのがあったんですと。
 火車猫というのは猫が化けたものですが、なんでも、十三年以上生きた猫が火車猫になると、昔から言われています。

 むかしむかしのことですが、あるとき、この火車猫が観音様におまいりに行ったんですと。


 そしたら観音さまが、火車猫に、
 「実はの、谷二つばかり越(こ)えた山の中に炭焼きの男がおっての、嫁(よめ)がいなくて大いに困っとる。貧乏(びんぼう)な上に、何せ山の奥(おく)の奥じゃ。まともな娘(むすめ)は、嫁になってやろうなど、これっぽっちも思いやせんでの、何とかしてやりたいとわしも思うとるんじゃが、これがどうにもならん。そこでお前にきくが、お前、花嫁ごに化けられるか」
といわれたんですと。
火車猫が、
 「花嫁ごなど簡単(かんたん)だ」
というと、観音さまが、
 「そんではの、花嫁ごに化けて、ずうっと化け通せるかな。化け通せるなら、わしが仲人(なこうど)してやるがどうじゃろな」
といわれた。


 「ほんなことわけもない」
 「決して元の本性(ほんしょう)出さないか」
 「出さねえっす」
 「ほんとうに本性出さないで、ずうっとその男の女房(にょうぼう)でいたら、いつかきっと、お前を本当の人間にしてやるが、どうだ」
 「ほんなら、なおのこと出さねえっす」
 「よしよし。それならば、まず娘に化けてみよ」
ということになりまして、火車猫は娘に化けたんですと。観音さまが、どこからか花嫁衣裳(いしょう)を持ってこられて、その娘に着せたら、きれいなきれいな、どこから見ても立派な花嫁姿(すがた)になりましたんですと。


 火車猫の花嫁ごは、観音さまに連れられて、山の奥の奥にある炭焼き男のところへ行ったんですと。
 ほして、観音さまの仲人で、いよいよかための盃(さかずき)、三々九度というとき、家の隅(すみ)っコからネズミが、チュウチュウ出てきた。
 ほうしたら、花嫁ごはネズミが気になってしょうがない。耳が立ったり、ひっこんだり、ヒゲも出たりひっこんだり。だんだん我慢(がまん)出来なくなってきて、とうとう元の猫の姿になって、いきなりネズミに飛びかかったんですと。
 化け猫になっても、観音さまに人間にしてやると約束されても、やっぱり猫は猫。やっぱり本性を顕(あらわ)すもんだって、むかしからみんなが言うたものです。
 
 どんびんからりん、すっからりん。

「火車猫」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

悲しい

やはり昂った時には良くも悪くも本性(性格)は出ますよね…って今の悩みとリンクしました。 本人がどれほど大丈夫と思っても変えられない。私もそういう事を、幼少期の母の読み聞かせから学んできたと思います。子供への本の読み聞かせは大事だなと実感しました。( 30代 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

廊下を歩く人(ろうかをあるくひと)

 私の父は、怪(あや)しいものをてんで信じない人でした。  昔、まだ道路がついていなかった頃(ころ)、高知に用のある人は、みんな相川(あいかわ)の山を越(こ)え、土佐山(とさやま)を抜(ぬ)けて行かなければならなかったといいます。

この昔話を聴く

猪狩り正右衛門(ししがりしょうえもん)

昔、日向の国、今の宮崎県西都市に正右衛門という狩人があったげな。正右衛門は猪撃ちの狩人でな、山に入ると猪の気配を感じるじゃろか、犬の放しどころに無駄がなかったちいうぞ。

この昔話を聴く

狼と狐と唐獅子と虎の競争(おおかみときつねとからじしととらのきょうそう)

 昔、昔、あったと。  日本(にっぽん)の狼(おおかみ)のところに、天竺(てんじく)の唐獅子(からじし)から腕競(うでくら)べをしよう、といって遣(つか)いがきたそうな。日本の狼は、狐を家来にしたてて、天竺へ行ったと。  天竺では唐獅子と虎が待っていた。

この昔話を聴く

現在867話掲載中!