民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋 > 
  2. 伝説にまつわる昔話 > 
  3. 火呑山池の大蛇

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

ひのみやまいけのだいじゃ
『火呑山池の大蛇』

― 広島県 ―
話者 立上 守
再話 垣内 稔
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤

 むかし、むかしの大むかしのことでがんすがの。
 今の広島県の芦品郡(あじなぐん)に亀が嶽(かめがだけ)という山がありまんがのう、知っちょりんさろうが。そうそう、あの山でがんよのう。あの亀が嶽の中ほどに火呑山池がありまんがの、その池に一匹の大蛇(だいじゃ)が住んでおりまぁたげな。
 この亀が嶽の向かいの柏山(かしわやま)に、これまた似たりよったりの一匹の大蛇がいまぁたげな。


 二匹の大蛇は仲良うて、おたがいに行ったり来たりしておりまいたげなが、その途ちゅうに人を襲(おそ)っておりまいた。
 
火呑山池の大蛇挿絵:福本隆男


 そがいなことが度重(たびかさ)なるもんじゃけえ、殿様は強い侍を差し向けになりまぁたげな。
 侍は、柏山の大蛇が火呑山池に行く途ちゅうをねろうて、とうとう斬(き)り殺(ころ)してしまわれたげな。
 これを知った火呑山池の大蛇は、池の底深(そこふか)く潜(もぐ)りこみ、人前に姿を見せんようになりまぁたげな。

 
 亀が嶽と柏山の間を往き来する人々が、大蛇に襲われて難儀(なんぎ)するようなことも無(の)うなりまいてしばらくたったころ、亀が嶽にある青目寺(しょうもくじ)というお寺で、毎晩(まいばん)鐘(かね)をついちょりんさった若いお坊さんが、急に姿を消して、行方(ゆくえ)がわからんようになっしもうたげな。
 「こりゃきっと、火呑山池の大蛇の仕業(しわざ)に違(ちが)いないわい」
とにらんんだ青目寺の和尚(おしょう)さんは、里の人を寺へ呼び集めんさって、人間そっくりの藁人形(わらにんぎょう)を作らせ、その腹(はら)の中に、ちょっとねぶっても命が無(な)うなる、というきつい毒薬を入れておきんさりまぁたげな。


 その夜、藁人形に布団(ふとん)を掛けて、寺の縁側(えんがわ)に寝(ね)かし、和尚さんと里の人らは物陰(ものかげ)にひそみまぁたげな。
 真夜中ごろになって、どっからともなく、シュッ、シュッと気味悪い音がして、生臭(なまぐさ)い風がお寺の本堂(ほんどう)を吹き抜(ぬ)けてきまぁたと。
 和尚さんが目をこらしてよおっく見ると、大蛇が鎌首(かまくび)を持ちあげ、眼(まなこ)を光らせ、真っ赤な舌を出し入れして、青目寺の境内(けいだい)にはいって来ますんじゃげな。
 「やれ、おそろしやのう」
と身震(みぶる)いしながら、なおも見ていると、大蛇は縁側(えんがわ)に寝ている人らしいものを見つけ、にゅうっと鎌首を伸ばし、掛けてある布団ごとゲロリ、ひと呑みに呑んでしまぁだたげな。
 ほして、火呑山池の方へゆうゆう帰っていってしまいまぁたと。


 大蛇がすっかり見えなくなると、息をひそめて物陰(ものかげ)から覗(のぞ)いとった和尚さんと里の人らは、
 「のんだぞ、のんだぞ、大蛇が毒薬を藁人形ごとのんだぞ」
と、手を打って喜(よろこ)びまぁたげな。
 夜が明けるんも待ちきれんで里の他の人達をも呼び起こし、和尚さんを先頭に、火呑山池までかけつけまいたげな。
 ほしたら、池のそばの草むらに、胴(どう)がふたかかえもあるほどの恐(おそ)ろしい大蛇が長々とのびていた。

 
火呑山池の大蛇挿絵:福本隆男

 和尚さんの仕掛けた毒薬で、大蛇はひと晩じゅう、ここでもがき苦しんだんでがんしょうのう。そのまわりの草はすっかりなぎ倒され、大きな立木の何本かは、幹(みき)がへし折られてしもうとりまいたと。


 こうして、ようようのことに大蛇に人が襲われる難儀は無うなりましたげな。
 そいじゃもんじゃけえ、柏山の大蛇が先に殺された峠(とうげ)を蛇切が峠(じゃきりがだお)、火呑山池の大蛇が死んどったところを蛇(じゃ)ずりと呼ぶようになりまぁた。
 蛇ずりの一体に生(は)える草は、今でも、まっすぐにのびんで、横に倒れて生えるといいますじゃろうがのう。
 
 やあれ かっちりこ。火の用心。

「火呑山池の大蛇」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

狐娘と伊勢詣(きつねむすめといせもうで)

昔あったけド。あるどこの兄マ、妙法寺(みょうほうじ)さんのどご通て行たバ、七曲さんのどごがら、狐、チョコチョコと出で来で、松葉拾(ひろ)うて頭さチョンと乗せてで、あっちキョロ、こっちキョロ見っでモノ。

この昔話を聴く

猿正宗(さるまさむね)

昔、九州(きゅうしゅう)のある大名家(だいみょうけ)の飛脚(ひきゃく)が二人、江戸屋敷(えどやしき)への大切な手紙を持って東海道(とうかいどう)を旅していたと。

この昔話を聴く

トト、おるかぁ(とと、おるかぁ)

昔、ある山の中に、若い夫婦者があったと。二人には子供もなかったし、人里離れた山の中だし、身を寄せあって、仲好う暮らしていた。

この昔話を聴く

現在860話掲載中!