民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋 > 
  2. 動物の争いにまつわる昔話 > 
  3. 子ムジナの仇討ち

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

こむじなのかたきうち
『子ムジナの仇討ち』

― 新潟県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭

 あったてんがの。
 昔、あるところにキツネとムジナがあったてんが。
 あるとき、ムジナがキツネのところへやって来て、
 「キツネどん、キツネどん。お前は人を化かしては、ンまいもんを食っているが、人の化かし方を、おらにも、ちいっと教えてくれや」
 「ああ、いいとも、だけど、お前、死んだまねはできるか」
 「それぐらいはできるさ」
って、死んだまねをしたてんが。

 
子ムジナの仇討ち挿絵:福本隆男

 ほうしたれば、キツネが、くるんとでんぐりうって、鉄砲撃(てっぽうう)ちになった。
 ほうして、死んだまねをしたムジナをかついで、町へ売りに行ったてんが。


 「ムジナ、いらんか」
 「いくらだ」
 「三両だ」
 「高いな、もっとまけれ」
 「まけらんねぇ。このムジナは、首の下に白い毛の生えているムジナで、他のムジナとは違(ちが)う。筆屋(ふでや)へ持って行けば、もっと高く売れるすけ」
 「あ、よし、三両で買おう」
 キツネは、その三両で、帰りにソバと油揚(あぶらあげ)をいっぺぇ買うて戻った。ムジナもすきをみて逃げてきて、キツネと一緒になって、ソバと油揚をさんざ食いしたてんが。


 ほれから、十日も過(す)ぎると、また、ムジナが来て、
 「キツネどん、キツネどん。このあいだはありがとうござんした。また、たのむ」
 「そうか、そんなら、また死んだまねをせや」
って。死んだまねをしたてんが。
 ほうしたれば、キツネは、また、くるんとでんぐりうって、鉄砲撃ちになった。


 ほうして、死んだまねをしたムジナをかついで、前に売った家へ行った。
 「ムジナを、また買うてくれねえか」
 「このあいだのムジナは、逃げてしもうた。死んだのでねえば、だめら」
 「今日のは死んでる。この間は気の毒したすけ、今日は二両にまける」
 「ほんとに死んでいるか」
 「せば、すぐたたいて、よおっく殺(ころ)して皮むけばいい」
 こう、けしかけたキツネは、二両受け取ると、ソバと油揚を買うて、ひとりで、さんざ食いしておったてんが。


 ほうしたら、そこへ、ムジナの子がやってきて、
 「キツネどん、キツネどん、おらちの親はまだ帰らねえが、しらんか」
って、きいたてんがの、キツネは
 「帰ったはずだがなぁ」
って、とぼけておったと。
 ムジナの子は、自分の棲(す)み家と、キツネの棲み家の間を、何べんも何べんも行ったり来たりしとったが、そのうち、キツネが家の中で、
 「あの子ムジナめが、何べんも聞きに来るども、親は帰るもんが。おれにだまされて殺されてしもうたがね」
と、いうているのが聞こえた。
 さあ、ムジナの子は、くやしくてならん。どうにかして仇(かたき)をとってやろうと思ったてんが。


 あるとき、子ムジナが、はたごやの流しの外で食い物探(さが)していたら、家の中で、
 「あしたは、お殿様(とのさま)の早立ちだ。」
と、話しているのを聞いた。
 子ムジナは、すぐにキツネのところへとんで行った。
 「キツネどん、キツネどん、おらがどれだけ化けられるか見てくんろ。明日の朝、殿様の行列になってみせるすけ、街道(かいどう)へ来てくんろ」
 次の朝、キツネが街道に出ていたら、立派なお殿様の行列が
 「下にー、下にー」
って、やって来た。キツネは
 「ほう、よう化けたな」
って、行列の前に、ひょいと出た。


 ほうしたら、お供の侍(さむらい)たちが、
 「このキツネめ」
って、チャガチャガと、ぶち殺したと。
 
子ムジナの仇討ち挿絵:福本隆男
 
 いきがポーンとさけた、なべの下ガラガラ。

「子ムジナの仇討ち」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

五月節句の菖蒲湯(ごがつせっくのしょうぶゆ)

むかし、あるところに婆(ばあ)さんと娘がいてあったと。ある晩げ、眠(ねむ)っていた婆さんは何かの音で目が覚(さ)めた。どうやら娘の部屋に若者風なのが…

この昔話を聴く

山姥と童(やまんばとわらし)

 むがし、むがし。  あるどこに童(わらし)いで、暮(く)れ方に鰯(いわし)焼いでいだど。爺(じ)と婆(ば)もまだ山から帰って来ねぐて、山の方(ほ)さ向かって、  「鰯コ焼げだぞぉ。早よ来(こ)ぉ」 と叫(さか)んだ。

この昔話を聴く

節分と貧乏神(せつぶんとびんぼうがみ)

昔になぁ、家内がしょうたれで、所帯場(しょたいば)のまわりにつばを吐(は)いたり、汚(きたな)くしとる家があったそうな。男はなんぼ働いても働いても貧…

この昔話を聴く

現在867話掲載中!