民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 動物や異類の婿にまつわる昔話
  3. 猿の嫁

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

さるのよめ
『猿の嫁』

― 長崎県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭

 むかし、むかし。
 ある山里にお爺(じい)さんと二人の娘が住んでおった。
 ある日、お爺さんが山へたき木取りに行ったら、猿(さる)が出て来て、
 「これは山のものだから、おれのものだ。とってはだめだ」
というた。仕方がないのでお爺さんが別の枯(か)れ木を取ろうとしたら
 「それもおれのものだ」
 「あれもおれのものだ」
というて、一本もたき木を取らせてくれない。

 猿の嫁挿絵:福本隆男

 お爺さんが途方(とほう)に暮(く)れていると、猿が、
 「爺には娘が居たな」
というた。


 「ンだ、二人いた」
 「ンだら、一人、嫁にくれたら、木、取っていい」
 「そんなこと言われたって、お前(め)」
 「いやか。いやならこのさき、ずうっとたき木、取らせねぇ」
 「ンだら、一人をお前の嫁にやる」
 お爺さんは、しょうがなくそういうた。
 猿は喜(よろこ)んで、
 「あれもとっていい」
 「もっととっていい」
というて、拾うのを手伝ってくれたと。
 お爺さんはたき木をかつぎ、猿はあとをついて、山を下りたと。


 家に帰ったお爺さんが、姉娘(あねむすめ)に
 「今日は、山に行ったら山猿(やまざる)が出てきて、たき木を取らせてくれなんだ。お前だちの一人を嫁にくれないと、これからはずっと取らせない、というので、嫁にやると約束をした。
 お前、姉娘だもの、聞きわけて、山猿の嫁になってくれ」
というたら、姉娘は
 「とんでもない。猿の嫁になんか、ならん」
というて怒ったと。お爺さんは
 「それもそうだ。こうなりゃ、あいつを殺すほかはない」
というて、鉄砲(てっぽう)を持ち出し、今にも山猿を撃(う)ち殺そうとした。
 そしたら妹娘(いもうとむすめ)が、
 「まって、あの猿、じいっとこっちを見ている。約束を破(やぶ)るのも、まして殺すなんてとんでもない。私があの猿の嫁になります」
というた。


 お爺さんが鉄砲をおろすと、猿は妹娘のそばにやってきたと。
 お爺さんは、妹娘の嫁入り支度(じたく)もしてやることが出来ないので、せめてと思うて、肥前瓶(びぜんがめ)を持たせてやることにした。
 猿はその瓶(かめ)を背負(せお)うて、妹娘はそのあとをついて、山を登って行ったと。


 猿と妹娘は、お爺さんがたき木を取っていた山を越(こ)えて、奥山へ、奥山へ、行くが行くが行くと、深い深い谷川があって、こっち側と向こう側とを一本のツタが架(か)かっているだけだ。猿が、
 「この谷川の向こうが、おらの家がある山だ。まず、この背中(せなか)の瓶を向こうに持って行くから、お前はここに居てれ。また戻ってきて、今度ぁ、お前を背負(おぶ)って向こうへ連れて行く」
 こういうて、猿は肥前瓶を背負うたまま、谷川に架かった一本のツタを渡りはじめた。

 猿の嫁挿絵:福本隆男

 ところが、まんなかあたりで背中の瓶がずれた。猿は手足を滑(すべ)らせて、あっという間に谷川に落ちていった。瓶に水が入って、沈(しず)みながら流されて行ったと。


 そのとき、猿は、
 「猿侍(さるざむらい)が流るる命はおしくはないが、後に残る乙姫(おとひめ)が泣くが悲しい」
といいながら、流されていったと。
 妹娘は、このありさまを見て、家に帰り、幸せに暮らしたと。
 
 こんかぎりのむかし。
 

「猿の嫁」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

猿が最後にかっこいいこと言ってるのが可笑しい( 40代 / 女性 )

悲しい

ひどい話では…( 30代 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

一咲き千人(ひとさきせんにん)

 むかし、むかし、あるところに、正直で働き者の若い衆(し)があった。  ある日、背負籠(しょいこ)を背負(しょ)って、畑への道を登っていったら、天狗岩(てんぐいわ)の下に、天狗の鼻(はな)みたいのが落ちてあった。

この昔話を聴く

売桝、買桝(うります、かいます)

むかし、あるところに、米、味噌、醤油を売る店があったと。いく代(だい)も続いて信用もあったのだが、どうしたわけか、だんだん身上(しんしょう)が傾(か…

この昔話を聴く

雷の土産(かみなりのみやげ)

 とんとむかし。  土佐(とさ)の野根(のね)の別役(べつやく)のおんちゃんが野根山越(のねやまご)えをしよったら、急に大雨が降りだしたそうな。

この昔話を聴く

現在872話掲載中!