民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 大阪府

大阪府の昔話(全7話)

雲取仁左衛門(くもとりにざえもん)

雲取仁左衛門(くもとりにざえもん)

昔、あるところに大泥棒(おおどろぼう)がいて、たくさんの手下をかかえて、西から東まで各地の大店(おおだな)を襲(おそ)っておった。

この昔話を聴く

鯛とふぐと節分(たいとふぐとせつぶん)

昔昔のあるとき、和泉の国の岡田浦で鯛とふぐが一緒に漁師の網にかかって死んでしまったと。鯛とふぐは連れだって西の方へ歩いて行った。三途の川も渡って、なおも歩いて行くと・・・

この昔話を聴く

たいとふぐ

むかし、あるところに鯛とふぐとがおったと。鯛とふぐは漁師の網にかかって死んだと。死んだんで極楽へ入れてもらわんならん言うて・・・

この昔話を聴く

三つ目小僧(みつめこぞう)

昔、大阪の町に、ひょんな見世物(みせもの)を見せて歩く親方がいよったと。ろくろ首の女とか、腰(こし)から下が魚の人形など、いいかげんにこしらえて本物…

この昔話を聴く

蛙石(かえるいし)

むかし、あるところに蛙(かえる)によく似た形をした大きな石があったと。村の年寄(としよ)りたちは、子供たちに、「あの蛙石(かえるいし)な、こわいぞ。

この昔話を聴く

茨木童子(いばらきどうじ)

昔、千年ほども遠い昔、摂津(せっつ)の国(くに)茨木(いばらき)の里の百姓家に、一人の男の子が生まれた。ところがこの子、父も母も普通の体(からだ)な…

この昔話を聴く

寝屋川の三毛猫(ねやがわのみけねこ)

昔、河内(かわち)の国の寝屋川(ねやがわ)の里に、おしん婆さんという、それはそれは猫(ねこ)好きのお婆さんがおったと。はじめは二、三匹だった猫がたち…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦下さい。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き
「民話の部屋」の感想

色々な話⁉️!‼️( 10歳未満 )

楽しい
「民話の部屋」の感想

とーーでも面白い!( 10歳未満 / 女性 )

感動

吹奏楽でこの話がモデルの曲を弾いています♪ 参考になりました。( 10代 / 女性 )

もっと表示する
驚き

血が途絶えましたけど、いいんすか?これで…( 40代 / 男性 )

楽しい
爺様と婆様の話」の感想

爺様と婆様の話し方が面白い( 10歳未満 / 男性 )

楽しい
三枚のお札」の感想

ハラハラした。おもしろい!( 10歳未満 / 男性 )

楽しい
もんじゃの吉」の感想

ずるいやつやな。( 10歳未満 / 男性 )

感動
蛇鱗嫁」の感想

美女と野獣の逆バージョン!( 40代 / 女性 )

驚き
猿正宗」の感想

民話集のような小説をなんとなく興味が湧き借りたとき、このお話が一番面白かったです。 刀が好きでよく鑑賞をしに行くので,正宗の名が出てきた時は驚きましたしなぜか嬉しく思いました。 何かと猿は嫌われがちではありますが,このお話では賢くて義理堅い猿として描かれていますね。 とても面白いお話でした。またいつか読みます。

楽しい
牛の嫁入り」の感想

長者の娘の意志がまったく一貫して反映されないのはさすが昔話という感じですが(良くも悪くも当時の結婚観や男尊女卑観がリアルに反映されているのでしょう)、少なくとも権兵衛にはしっかり罰が当たってスッキリ終わって良かったです。長者に拐われた娘さんが幸せでいますように。 眼光鋭い仔牛の挿し絵もとても良かったです。( 20代 / 女性 )