民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋 > 
  2. 鼠(ねずみ)が登場する昔話

鼠(ねずみ)が登場する昔話(全10話)

ねずみ浄土(ねずみじょうど)

ねずみ浄土(ねずみじょうど) 【青森県

むかし、あるところに爺(じい)と婆(ばあ)がおったと。あるとき、爺は山へ木を伐(き)りに行ったと。ガッキン、ガッキン木を伐って、飯時(めしどき)にな…

この昔話を聴く

ネズミのすもう(ねずみのすもう) 【新潟県

むかし、あるところに貧(まず)しい爺(じい)さと婆(ばあ)さがおったと。ある時、爺さは山へ芝刈(しばか)りに行くと木のかげから、何やらヨイショヨイシ…

この昔話を聴く

頭を剃った猫(あたまをそったねこ) 【富山県

むかし、ある寺に年をとった猫がいたと。ある日、その猫が和尚さんの前にきちんと前足を揃えて「おら、昔からたくさんの鼠を殺した罪ほろぼしに、お坊さんになりたいがで、頭を剃ってくだはれ」と、頼んだと。

この昔話を聴く

爺と猿と猫と鼠(じいとさるとねことねずみ) 【鳥取県

むかしむかし、あるところに爺(じい)と婆(ばあ)が住んでおったと。二人は、婆が木綿(もめん)を機織(はたお)り、爺がそれを町へ売りに行って暮(く)ら…

この昔話を聴く

ネズミ浄土(ねずみじょうど) 【石川県

とんと昔、あるところに爺(じ)さまと婆(ば)さまとおったと。ある日のこと、爺さまが山へ柴刈(しばか)りにいって昼飯(ひるめし)を食べようとしたら、に…

この昔話を聴く

山のネズミと町のネズミ(やまのねずみとまちのねずみ) 【長野県

むかし、あるところに山のネズミがあった。山のネズミの食べる物はどんぐり、栃(とち)の実、アワにヒエだったと。山に雪が降って、食べ物をさがすのが大変だ…

この昔話を聴く

ネズミとイタチの寄合田(ねずみといたちのよりあいだ) 【新潟県

むかし、あるところにネズミとイタチがおって、川原でばったり出合ったそうな。「ネズどん、ネズどん。ここの草むらをおこして、二人で粟(あわ)でも蒔こうや…

この昔話を聴く

ねずみ経(ねずみきょう) 【新潟県

むかし、あるところに婆サが住んでおった。ある晩、旅の坊ンさんが道に迷ってたずねてきた。婆サは一人住まいで寂(さび)しかったものだから、喜んで、「はい…

この昔話を聴く

ネズミの金干し(ねずみのかねほし) 【山形県

昔、あるところに爺さがおったと。爺さ、山に焼畑(やきはた)に行ったと。四隅(しすみ)を畝(うな)い、木組(きぐみ)をして焼き飯を供(そな)え、山の神…

この昔話を聴く

ネズミのスモウ 【山形県

むかしむかし、あるところに長者殿と貧乏な爺さ婆さとが隣あってあったと。両方の家にネズミがいたと。長者殿のネズミはまるまると太り、爺さ婆さのネズミはや…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦ください。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい
桃の子太郎」の感想

普通に面白い笑ꉂ(ˊᗜˋ*)( 10歳未満 / 女性 )

驚き
抜け出した魂」の感想

ちょっと怖い。魂が抜けていたままだったら...( 10歳未満 / 女性 )

もっと表示する
驚き
吹っとび話」の感想

グリムの「六人男、世界を股にかける」の焼き直しなのでしょうが、話に少し無理がありますね。日本の風車とはどのようなものなのでしょうか。サムライの時代に男が被る帽子とはどのようなものなのでしょうか。全くイメージがわきません。

感動
屁っぴり嫁ご」の感想

屁をひることは誰にでもあることだが、みんな人前ですることを恥ずかしがる。 そのため、屁をしたくなっても我慢しなければならず、我慢してると変な音がなってしまうという悪循環。どうか、この話が広がり、恥ずかしがらずに屁をできる世の中になりますように。へっぴりこんでぶう

驚き
猿の嫁」の感想

猿が最後にかっこいいこと言ってるのが可笑しい( 40代 / 女性 )

怖い
肝だめし」の感想

怖いとしか言えない( 10歳未満 )

驚き
ネズミと蛇と猫」の感想

どの立場でも、おっかない!でも、色々考える事のできるお話をありがとうございます( 40代 / 女性 )

怖い
磯女」の感想

いやあ恐ろしい。ただ、彼女の姿は美しい。( 10代 / 男性 )