民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 富山県

富山県の昔話(全10話)

閻魔の失敗(えんまのしっぱい)

閻魔の失敗(えんまのしっぱい)

むかし、むかし、富山の置き薬屋(おきぐすりや)が、どうしたはずみか、死んでから地獄(じごく)へ落ちたと。 地獄の門をくぐると、大勢の仲間たちがいて、「よお、おまえもか」「お前もか」というてなつかしんだと。 そこへ鬼が来て、大きい鉄棒でみんなを押しやって、釜(かま)の中へざらざらとさらいこんでしまった。

この昔話を聴く

子供と猫絵(こどもとねこえ)

むかし、むかし、あるところに絵を画くことが大好きな子供がおった。 とりわけ猫が好きで、いつも猫の絵ばかり画いていたと。 あるとき、 「おら、絵を画きながら諸国を旅して歩きたい」 といって、絵道具を担いで旅に出たと。

この昔話を聴く

舌切り雀(したきりすずめ)

昔があったと。あるところに爺と婆があったと。ある日、爺は山へ柴刈りに行った。爺が弁当を木の枝につるしておいたら、雀が来て弁当を喰うて、そこへ寝てしも…

この昔話を聴く

カマ池の由来(かまいけのゆらい)

むかし、越中(えっちゅう)の国、今の富山県にある村に横笛のたいそう上手な若者がおったと。 若者は炭焼きだった。山の中に小屋と窯(かま)を作り、そこに寝泊(ねと)まりしながら炭を焼くのだと。若者はなぐさみに夜毎(よごと)笛を吹(ふ)いていた。

この昔話を聴く

頭を剃った猫(あたまをそったねこ)

むかし、ある寺に年をとった猫がいたと。ある日、その猫が和尚さんの前にきちんと前足を揃えて「おら、昔からたくさんの鼠を殺した罪ほろぼしに、お坊さんになりたいがで、頭を剃ってくだはれ」と、頼んだと。

この昔話を聴く

十六人谷(じゅうろくにんだに)

むかし、越中、今の富山県の山奥の谷で、十六人のきこりと一人の飯たきの爺さまが仕事をしていた。毎日、毎日、斧をふるう音がコーン、コーンと谷じゅうに木魂した。

この昔話を聴く

木挽きと小人(こびきとこびと)

むかし、むかし。あるところにひとりの木挽(こびき)がおったと。ある日のこと、その木挽が山に入って、「さあ、今日はこの木を伐(き)ろうかな」と独り言を…

この昔話を聴く

山の者と町の商人(やまのもんとまちのあきんど)

むかし、ある山奥(やまおく)に村があったと。その村から、険(けわ)しい山坂をいくつも登ったり下ったりしたふもとに、お城下町(じょうかまち)があったと…

この昔話を聴く

鶴と和尚(つるとおしょう)

むかし、むかし、ある大きな寺に和尚(おしょう)さんと小僧(こぞう)さんたちが住んでおったと。寺の境内(けいだい)に大きな松の木があって、毎年季節にな…

この昔話を聴く

元取山(もとどりやま)

むかし、ある山にほら穴があってな、麓(ふもと)の村の者は、このほら穴から、お客用のお膳(ぜん)やお椀(わん)を借りとったそうな。ほら穴の前で、ポンポ…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦下さい。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい
セツ ブーン」の感想

とてもおもしろい❗️( 10歳未満 / 男性 )

感動
鳥の戦争」の感想

感動するわー( 10歳未満 / 男性 )

もっと表示する
怖い
座敷わらし」の感想

おしいれに近寄れなくなりました「怖くて夜も眠れません」( 10代 / 男性 )

驚き
鳥の戦争」の感想

鳥が戦っていて可哀想 ( 10代 / 女性 )

驚き
虎と蝸牛の競争」の感想

人間社会でも 人のふんどしで相撲をとるズル賢い人はいます。民話を読んでスッキリしました。( 60代 / 女性 )

楽しい
ひとスリ違い」の感想

薬屋がなくて金物屋に入るところがすごい❗️( 10歳未満 / 男性 )

驚き

小学校の七不思議は、知ってたけど、中学校の七不思議は、知らなかったから驚きが、あった。( 10代 / 女性 )

楽しい
「民話の部屋」の感想

とても面白いお話がたくさんでした。ありがとうございます。( 10歳未満 / 女性 )