民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 東京都

東京都の昔話(全7話)

江戸見物(えどけんぶつ)

江戸見物(えどけんぶつ)

むかし、むかし、ある田舎(いなか)の分限者(ぶげんしゃ)が江戸見物にでかけることにしたと。 なにしろお江戸は初めての町。聞くところによれば、江戸は大層(たいそう)ぶっそうなところで、道を歩くにも少しの油断も出来ないという。

この昔話を聴く

拾い屋(ひろいや)

むかし、江戸のあるところに貧乏長屋があったと。その長屋にひとりの男が引っ越して来た。ところがこの男、一体何を生業にして暮らしているのやら、さっぱりわからん。

この昔話を聴く

においの代金(においのだいきん)

むかし、ある町にえらくケチな男が住んでおったと。飯を食うにも梅干をじいっと見て、酸っぱいつばがわいてきたら、いそいでご飯をかきこむ、というぐあいだったと。

この昔話を聴く

盗人をなおす医者(ぬすっとをなおすいしゃ)

むかし、江戸の小石川(こいしかわ)、今の東京都文京区に小石川診療所(しんりょうじょ)というのがあって、赤ひげ先生という、診(み)たても、治療(ちりょ…

この昔話を聴く

とげぬき地蔵(とげぬきじぞう)

江戸時代の中ごろ、江戸の小石川、今の文京区に、病の妻を持つ田村という侍がいてたいそうお地蔵さまを信心しておった。侍は、毎日、毎日、妻の病が早くなおる…

この昔話を聴く

赤マントやろかー(あかまんとやろかー)

創立何十年もたつという古い学校には、必ず、一(ひと)つや二(ふた)つの、こわーい話が伝わっている。中でも多いのが、便所にまつわる怪談だ。今日は、一つ…

この昔話を聴く

しばられ地蔵(しばられじぞう)

享保(きょうほ)三年というから、一七一七年、今から二六六年も前のこと、江戸、つまり、東京でおこったことだ。本所の南蔵院(なんぞういん)という寺の境内(けいだい)に、石の地蔵様があった。

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦下さい。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き
としくらべ」の感想

七億歳はないですね ( 10歳未満 / 男性 )

楽しい
猿の嫁」の感想

とてもおもしろいお話でした!( 10代 / 男性 )

もっと表示する
怖い
「民話の部屋」の感想

はやくあしたになれ ( 70代 / 男性 )

驚き
狐の嫁入り」の感想

ちょっとよくわかりませんでした( 10代 )

楽しい

とても楽しくでも深いお話でした( 10代 / 男性 )

驚き
天人子」の感想

天人子は、ずるがしこいな。( 10歳未満 / 男性 )

驚き
狐娘と伊勢詣」の感想

方言がきつすぎて話が頭に入ってこない。 もっと考えて話を作れ。

驚き

川がなかったらドッコイショに変わっていなくて、お嫁さんにだんごのようなコブができなかったのに。お嫁さんかわいそうww( 10歳未満 / 女性 )

驚き
わらしべ王子」の感想

小さい物から王の位までなるなんて、驚きです。(スゴい)( 10歳未満 / 男性 )