民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 静岡県

静岡県の昔話(全7話)

蛇息子(へびむすこ)

むかし、あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんとが暮(く)らしてあった。 爺さんと婆さんには子供(ども)がなかった。 二人はことある毎(ごと)に「子供が欲(ほ)しい、子供が欲しい」と言うていた

この昔話を聴く

猿正宗(さるまさむね)

昔、九州(きゅうしゅう)のある大名家(だいみょうけ)の飛脚(ひきゃく)が二人、江戸屋敷(えどやしき)への大切な手紙を持って東海道(とうかいどう)を旅していたと。

この昔話を聴く

豆腐と油揚げとおから(とうふとあぶらあげとおから)

むかしあったと。ある日、豆腐屋(とうふや)の主人(しゅじん)が用事で家を留守(るす)にしたと。そこで豆腐と油揚げ(あぶらあげ)とおからが、「親方(お…

この昔話を聴く

栗拾い(くりひろい)

昔、あるところに、母親を亡くした娘があったと。やがて、ひとつ年下の女の子を連れた継母が迎えられたと。継母(ままはは)は、日が過ぎるにしたがって、継子…

この昔話を聴く

一畚山(ひともっこやま)

むかしむかしの大昔、上野(こうずけ)の国(くに)、今の群馬県に、大っきな、大っきな天狗が棲(す)んでおったそうな。こいつがたいくつすると、山奥から大…

この昔話を聴く

狸の恩返し(たぬきのおんがえし)

昔、ある山の中に貧しい炭焼きの夫婦が小屋を作って住んでおったそうな。女房が夜なべ仕事に糸車をカラカラまわして糸をつむいでいると、狸がたくさん集まって…

この昔話を聴く

鳶不幸(とんびふこう)

むかし、あるところに、とんびの親子がおったそうな。子とんびはヘソ曲りの子であったと。親が、「山へ行け」と、言えば海へ行き、「海へ行け」と、言えば山へ…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦下さい。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き
「民話の部屋」の感想

色々な話⁉️!‼️( 10歳未満 )

楽しい
「民話の部屋」の感想

とーーでも面白い!( 10歳未満 / 女性 )

感動

吹奏楽でこの話がモデルの曲を弾いています♪ 参考になりました。( 10代 / 女性 )

もっと表示する
驚き

血が途絶えましたけど、いいんすか?これで…( 40代 / 男性 )

楽しい
爺様と婆様の話」の感想

爺様と婆様の話し方が面白い( 10歳未満 / 男性 )

楽しい
三枚のお札」の感想

ハラハラした。おもしろい!( 10歳未満 / 男性 )

楽しい
もんじゃの吉」の感想

ずるいやつやな。( 10歳未満 / 男性 )

感動
蛇鱗嫁」の感想

美女と野獣の逆バージョン!( 40代 / 女性 )

驚き
猿正宗」の感想

民話集のような小説をなんとなく興味が湧き借りたとき、このお話が一番面白かったです。 刀が好きでよく鑑賞をしに行くので,正宗の名が出てきた時は驚きましたしなぜか嬉しく思いました。 何かと猿は嫌われがちではありますが,このお話では賢くて義理堅い猿として描かれていますね。 とても面白いお話でした。またいつか読みます。

楽しい
牛の嫁入り」の感想

長者の娘の意志がまったく一貫して反映されないのはさすが昔話という感じですが(良くも悪くも当時の結婚観や男尊女卑観がリアルに反映されているのでしょう)、少なくとも権兵衛にはしっかり罰が当たってスッキリ終わって良かったです。長者に拐われた娘さんが幸せでいますように。 眼光鋭い仔牛の挿し絵もとても良かったです。( 20代 / 女性 )