民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 特異な能力にまつわる昔話
  3. 子供と猫絵

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

こどもとねこえ
『子供と猫絵』

― 富山県 ―
語り 井上 瑤
話者 田口作次郎/伊藤タメ
再話 六渡 邦昭

 むかし、むかし、あるところに絵を画(か)くことが大好きな子供がおった。
 とりわけ猫(ねこ)が好きで、いつも猫の絵ばかり画いていたと。

 あるとき、
 「おら、絵を画きながら諸国(しょこく)を旅して歩きたい」
といって、絵道具(えどうぐ)を担(かつ)いで旅に出たと。


 行くが行くが行くうちに、日が暮れた。
 どこか泊(と)めてくれる家がないかと頼(たの)んでまわったが、誰も泊めてくれない。仕方なく、人の住んでいない荒(あ)れ果(は)てた空(あ)き寺へ入って泊まることにしたと。
 その寺が空き寺になっているのには理由(わけ)があった。その寺に泊まった者は、夜になると出て来る化け物に、きっと食べられてしまうそうな。
 そんなところへ、子供が一人で泊まったものだから、村の人たちは、
 「今夜また、あの子が化け物に食べられてしまうのだな。かわいそうに」
とうわさをしておったと。

 そんなことはとはつゆ知らず、子供は寺へ入るとすぐ荷物(にもつ)を解(と)いて、大好きな猫の絵を画き、御堂(おどう)の隅(すみ)から隅まで張(は)りつけたと。


 それから、ごろりと横になったが、何とはなしに恐(お)ろしくて、どうにも眠れなかったと。
 真夜中(まよなか)になり、どこかでコトンと音がしたようだが、その後は気配(けはい)もない。うとうととして寝たと。

 次の朝、目を覚ました子供は、思わず息を飲んだ。なんと、年とった大きな化けネズミが一匹、噛(か)み殺(ころ)されていた。
 「ああ恐(こわ)い、こんなとこ早いとこ立ち去(さ)ろう」
というて夕べ画いて張りつけておいた猫の絵を集めようとして、またまたびっくり。
 猫の口に、みんな血がついていたと。
 絵の猫が、みんな飛び出して、化けネズミを噛み殺したらしい。

 心配してやって来た村人たちも、子供が生きていたのでみんな驚(おどろ)いた。驚いてから、その絵のあまりの出来ばえに目を見張り、一心(いっしん)こめて画いたものには魂宿(たましいやど)るものだなと、うなづきあったと。
 これでおしまい べろりん。

「子供と猫絵」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

猫の絵が飛び出て化けネズミを倒したなんて、すごい!( 10歳未満 / 男性 )

楽しい

猫ちゃんが助けてくれたんだ、よかった。( 50代 / 女性 )

怖い

朝起きたら死体が・・・。ブルブルッ( 10歳未満 / 女性 )

もっと表示する
驚き

朝起きたら、大きなネズミが死んでるなんて、びっくり!( 10歳未満 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

天人子(てんにんこ)

昔、岩手県の六角牛山のふもとの里に百姓をしている惣助という男があったと。里の附近には七つの池があり、その中のひとつに巫女石という石のある池があった。

この昔話を聴く

屋根ふき作戦(やねふきさくせん)

 とんとむかし。高知県土佐の幡多の中村に泰作さんというて、そりゃひょうきんな男がおったそうな。  人をだますのが好きで、人をかついじゃ面白がりよったと。  ある日のことじゃった。  泰作さんは屋根にあがって、ひとりで屋根ふきをしょった。  ほいたらそこへ、近所の若いしらが二、三人で通りかかったちゅうが。

この昔話を聴く

留やんとしばてん(とめやんとしばてん)

大正の頃、土佐の羽根村(はねむら)に留(とめ)やんという大工がおった。あるとき、嫁にやった娘に子供が出来そうな、いうき、朝まだ暗いうちに隣り村へ出か…

この昔話を聴く

現在886話掲載中!