民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 香川県

香川県の昔話(全7話)

福を授けた貧乏神(ふくをさずけたぶんぼうがみ)

むかし、あるところに男が住んでおった。その男は、よっぽど貧乏神(びんぼうがみ)に見込(みこ)まれているとみえて、どうにもならないほど困っておったと。

この昔話を聴く

和尚さんと極楽風呂(おしょうさんとごくらくぶろ)

昔あるところにお寺があって、和尚さんが一人おったと。 あるとき和尚さんは、法事に呼ばれて、一軒の貧しい檀家に行ったと。 お経を読んで法事が終わったら、その家のおっ母さんが、 「私ン家はこのとうりの貧乏家ですから、何のおもてなしは出来ませんが、せめて思うて、お風呂の用意をいたしましたから、どうぞお入りになって温もうて下さい」 というたと。

この昔話を聴く

節分と貧乏神(せつぶんとびんぼうがみ)

昔になぁ、家内がしょうたれで、所帯場(しょたいば)のまわりにつばを吐(は)いたり、汚(きたな)くしとる家があったそうな。男はなんぼ働いても働いても貧…

この昔話を聴く

おれが大きい(おれがおおきい)

とんと昔もあったげな。あるところに、片方の羽を拡(ひろ)げると千里、もう片方の羽を拡げるとまた千里ある大きな鳥がいたと。われほど大きな生き物はあるま…

この昔話を聴く

北風長者(きたかぜちょうじゃ)

むかし、大阪の鴻池(こうのいけ)の長者(ちょうじゃ)と、兵庫の漁師の蛸縄(たこなわ)とりとが、四国の金毘羅道中(こんぴらどうちゅう)で親しくなったと…

この昔話を聴く

鬼の岩屋(おにのいわや)

昔、あるところに大けな岩屋(いわや)があって、鬼(おに)が棲(す)んでおったと。鬼は、手下(てした)に大勢の山賊(さんぞく)どもを使っておったと。山…

この昔話を聴く

絵から抜け出た馬(えからぬけだしたうま)

むかし、あるところにお寺があって、絵のとても上手な小僧さんがおったと。小僧さんはお経を少しも覚えようとはしないで、絵ばかり画いておるのだと。和尚さん…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦下さい。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き
鬼と山芋」の感想

鬼さん勘違いしてる! ( 10代 )

驚き
耳だけ極楽」の感想

そんな簡単に耳がとれて、びっくりしました。( 10代 / 女性 )

楽しい
踵太郎と山姥」の感想

途中から桃太郎じゃん!( 10代 / 女性 )

もっと表示する
感動
三人泣き」の感想

面白いけど3人で泣いたらうるさそうい( 10代 )

悲しい
猫と化け鼠」の感想

猫が2匹とも死んでしまったのが悲しいし、とても偉い猫だったなって思う( 10代 / 女性 )

悲しい
猫と化け鼠」の感想

猫が2匹とも死んでしまったのが悲しい( 10代 / 女性 )

驚き
見るなの蔵」の感想

まさか女の人がウグイスだったなんて、 悪いじいさんが蔵を見なければ良かったのに ひどいじいさんだなぁ

驚き
分別八十八」の感想

八人も同じ名前なんてすごい!( 10代 )