民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 愛媛県

愛媛県の昔話(全10話)

かわうその恩返し(かわうそのおんがえし)

むかし、あるところに貧しい男がおって、野良仕事をして暮らしておったと。あるとき、男は牛に草を食べさせようと、家から少し離れたところにつないでおいだと。

この昔話を聴く

銀杏狸(いちょうだぬき)

四国の伊予市から宇和島へぬける郡中街道に、昔から目印になっている銀杏の木がある。その木には、銀杏狸ちゅう一族が住んでいて、枝に化けるのを専門にしておった。

この昔話を聴く

宝化物(たからばけもの)

昔、あるところに、人の住まない荒(あ)れた屋敷(やしき)があったそうな。何でも昔は、分限者(ぶげんしゃ)が住んでいたそうだが、どうしたわけか、一家みな次々に死に絶(た)えてしもうて、そののちは、だあれも住む人もなく、屋敷と仏壇(ぶつだん)だけが荒れるがままの恐(おそ)ろしげになっておった。

この昔話を聴く

六角堂の狸(ろっかくどうのたぬき)

狸のなかに「そばくい狸」というのがあるそうな。この狸はそばの実が黒く色づく頃になると、そば畑へ転がりこんで、体中にそばの実をつけ、穴へ帰ってから実をふるい落としてポリポリ食うという。

この昔話を聴く

お正月様がやって来ん(おしょうがつさまがやってこん)

あんたさん、知っとられますか。昔は太陰太陽暦(たいいんたいようれき)っちゅうのを使っておりましてのう、つまり旧暦(きゅうれき)ですかのう。明治五年十…

この昔話を聴く

茶・栗・柿(ちゃくりかき)

むかし、あるところにおっ母(か)さんと息子があった。息子は少々頭(おつむ)が弱かったと。おっ母さんは、息子のことを心配して、「いつまでも遊ばせておい…

この昔話を聴く

亥の子祝いの起こり(いのこいわいのおこり)

むかし、ある山里(やまざと)に娘とおっ母(か)さんとが暮らしておったと。山の畑には真ん中に大っきな石がデンと座っていて、じゃまになって困っていたと。

この昔話を聴く

伊予屋の娘(いよやのむすめ)

むかし、伊予(いよ)の国(くに)、今の愛媛県宇和島(えひめけんうわじま)のお城下に伊予屋(いよや)という大きな酒屋があって、旦那は大層な分限者(ぶげ…

この昔話を聴く

侍狸(さむらいだぬき)

昔、愛媛の西宇和郡三崎町(にしうわぐんみさきちょう)というところに藤吉(とうきち)という猟師(りょうし)がおったげな。ある日、山へ行きよると、狸の穴…

この昔話を聴く

奥方に化けた狐(おくがたにばけたきつね)

むかし、今の道後温泉(どうごおんせん)のそばに、湯月城(ゆづきじょう)というお城があって、河野伊予守道直(こうのいよのかみみちなお)という殿さんがお…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦下さい。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き
「民話の部屋」の感想

色々な話⁉️!‼️( 10歳未満 )

楽しい
「民話の部屋」の感想

とーーでも面白い!( 10歳未満 / 女性 )

感動

吹奏楽でこの話がモデルの曲を弾いています♪ 参考になりました。( 10代 / 女性 )

もっと表示する
驚き

血が途絶えましたけど、いいんすか?これで…( 40代 / 男性 )

楽しい
爺様と婆様の話」の感想

爺様と婆様の話し方が面白い( 10歳未満 / 男性 )

楽しい
三枚のお札」の感想

ハラハラした。おもしろい!( 10歳未満 / 男性 )

楽しい
もんじゃの吉」の感想

ずるいやつやな。( 10歳未満 / 男性 )

感動
蛇鱗嫁」の感想

美女と野獣の逆バージョン!( 40代 / 女性 )

驚き
猿正宗」の感想

民話集のような小説をなんとなく興味が湧き借りたとき、このお話が一番面白かったです。 刀が好きでよく鑑賞をしに行くので,正宗の名が出てきた時は驚きましたしなぜか嬉しく思いました。 何かと猿は嫌われがちではありますが,このお話では賢くて義理堅い猿として描かれていますね。 とても面白いお話でした。またいつか読みます。

楽しい
牛の嫁入り」の感想

長者の娘の意志がまったく一貫して反映されないのはさすが昔話という感じですが(良くも悪くも当時の結婚観や男尊女卑観がリアルに反映されているのでしょう)、少なくとも権兵衛にはしっかり罰が当たってスッキリ終わって良かったです。長者に拐われた娘さんが幸せでいますように。 眼光鋭い仔牛の挿し絵もとても良かったです。( 20代 / 女性 )