民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 徳島県

徳島県の昔話(全10話)

福は内 鬼は外(ふくはうち おにはそと)

福は内 鬼は外(ふくはうち おにはそと)

とんと昔の話じゃったそうな。 あるところに女の子が出来た。名前をお福(ふく)とつけた。村中(むらじゅう)でも誰(だれ)にも負けない器量好(きりょうよ)しだったと。

この昔話を聴く

山父のさとり(やまちちのさとり)

むかし、あるところに一人の桶屋(おけや)がおったそうな。雪の降った朝、桶屋が外に出て桶を作っていると、山の方から、一つ目一本脚の、恐ろしげな怪物がや…

この昔話を聴く

七夕女房(たなばたにょうぼう)

むかし、ある村にひとりの狩人(かりゅうど)が住んでいたそうな。七月のある暑い日に、川のそばを通りかかると、三人の若い娘が水浴びをしていたと。「はて、…

この昔話を聴く

化かされ狸(ばかされだぬき)

むかし、ひとりの馬方(うまかた)が荷馬車をひいて、夕暮(ぐ)れ時の山道を村の方へ帰っていたと。 「いま時分は、ここいらへんは狸(たぬき)が化けて出るって聴(き)いとったんじゃが……」 と、用心しながら歩いていたら、案(あん)の定(じょう)、「もし、もし」と、優(やさ)しい声がかかった。

この昔話を聴く

狐と狸の化かしあい(きつねとたぬきのばかしあい)

とんと昔もあったげな。狐と狸とあったげな。昔から、“狐は千年昔のことを識り、狸は三日先のことを知る”ということだそうな。あるとき、狸が山道をと通っていたら狐と出逢うたそうな。

この昔話を聴く

冥土からのことづて(めいどからのことづて)

むかし、阿波の国は美馬郡郡里村、今の徳島県美馬郡美馬町に爺(じ)さと婆(ば)さが暮らしておったと。ある夏の夕暮れどき、爺さは風呂に入ったと。「ああ、ええ湯じゃった」と言うて風呂からあがって、たまげた。なんと…

この昔話を聴く

馬の尻のぞき(うまのしりのぞき)

昔、あるところに博奕(ばくち)打ちがおったと。ある晩、村の在所(ざいしょ)へ博奕を打ちに行ったら、すってんてんに負けてしもうた。夜道をとぼらとぼら歩…

この昔話を聴く

八日山(ようかやま)

むかし、むかし、今の徳島県(とくしまけん)な、昔は阿波(あわ)の国(くに)というた。蜂須賀(はちすか)の殿(との)さんが治(おさ)めておったが、その…

この昔話を聴く

童孟と孔孟(どうもうとこうもう)

とんと昔の話じゃが。あるところに隣(とな)り合う国があったそうな。こっちの国には童孟(どうもう)という医者がござらして、日本一という評判(ひょうばん…

この昔話を聴く

正月神様(しょうがつかみさま)

むかし、あるところに爺さと婆さがおって正月神様がおかえりになる日に雨がドシャドシャ降ったと。爺さと婆さがお茶をのみながら、「この雨はやみそうにもない…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦下さい。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き
「民話の部屋」の感想

色々な話⁉️!‼️( 10歳未満 )

楽しい
「民話の部屋」の感想

とーーでも面白い!( 10歳未満 / 女性 )

感動

吹奏楽でこの話がモデルの曲を弾いています♪ 参考になりました。( 10代 / 女性 )

もっと表示する
驚き

血が途絶えましたけど、いいんすか?これで…( 40代 / 男性 )

楽しい
爺様と婆様の話」の感想

爺様と婆様の話し方が面白い( 10歳未満 / 男性 )

楽しい
三枚のお札」の感想

ハラハラした。おもしろい!( 10歳未満 / 男性 )

楽しい
もんじゃの吉」の感想

ずるいやつやな。( 10歳未満 / 男性 )

感動
蛇鱗嫁」の感想

美女と野獣の逆バージョン!( 40代 / 女性 )

驚き
猿正宗」の感想

民話集のような小説をなんとなく興味が湧き借りたとき、このお話が一番面白かったです。 刀が好きでよく鑑賞をしに行くので,正宗の名が出てきた時は驚きましたしなぜか嬉しく思いました。 何かと猿は嫌われがちではありますが,このお話では賢くて義理堅い猿として描かれていますね。 とても面白いお話でした。またいつか読みます。

楽しい
牛の嫁入り」の感想

長者の娘の意志がまったく一貫して反映されないのはさすが昔話という感じですが(良くも悪くも当時の結婚観や男尊女卑観がリアルに反映されているのでしょう)、少なくとも権兵衛にはしっかり罰が当たってスッキリ終わって良かったです。長者に拐われた娘さんが幸せでいますように。 眼光鋭い仔牛の挿し絵もとても良かったです。( 20代 / 女性 )