民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 妖怪的な動物にまつわる昔話
  3. 馬の尻のぞき

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

うまのしりのぞき
『馬の尻のぞき』

― 徳島県 ―
語り 平辻 朝子
再話 六渡 邦昭

 昔、あるところに博奕(ばくち)打ちがおったと。
 ある晩、村の在所(ざいしょ)へ博奕を打ちに行ったら、すってんてんに負けてしもうた。夜道をとぼらとぼら歩いていると、いつの間にやら、少し前をお高祖頭巾(おこそずきん)をかぶった女がひとり歩いとった。振り返ったのを月明かりで見たら、見たことのない顔だ。
 「はて、どこのだれじゃろ。それにしても、この夜更けにたった一人で出歩くとは……。まてよ、こりゃあ話に聞いていた狸(たぬき)のしわざにちげえねぇぞ。ようし、捕(とら)えて懲(こ)らしめてやろ」
 追いかけて、えり首をつかんで引き倒したと。


 「あれ、何をなはる」
 「なはるもくそもあるか。このど狸め」 
 「ご免なして、ご免なして、たしかに狸だす。けんど、今夜はあんたを化かすとて出たんとはちがう」
 「ほんなら、だれをだますとて出たんなら」
 「この向こうの多七(たしち)つぁん夫婦をからかって、夫婦喧嘩(ふうふげんか)をさせに行きよるだす。それは面白い喧嘩が見られるんだす。あんたもご覧なはらんか」 
 
 博奕打ちは、多七夫婦の喧嘩は面白いと確かに聞いていたので、一ぺん見てみよかという気になって、狸の女を許したと。
 多七夫婦の家に着いたら、狸の女は、
 「あんたは向こうへ廻(まわ)って、窓障子(まどしょうじ)から覗(のぞ)きなはれ。私は戸口(とぐち)から入って行くけに」
と言うた。


 博奕打ちは、言われた通りに窓障子のところへ行った。あいにく覗けるような隙間がなかったので、指につばをつけて障子紙に穴を開けた。多七夫婦は寝ていたと。
 これでは喧嘩なんぞ始まるどころでない、と思っていると、狸の女が表戸(おもてど)を叩いて、
 「多七つぁん、多七つぁん。あの、ちょっと話がありますけに、出て来ておくれな」
と、やさしい声で呼びかけた。 
 多七がようやく目を覚まして表へ行こうとしたら、女房も目を覚ました。戸口ではやさしい女の声がする。
 「あんた!あの声は何よ」
 「お、おら、知らん」
 「知らん女がこんな夜更(よふけ)にどうして訪ねて来るんよ」
 「そんなこと言われたって、おら、知らん」
 「ああ、くやしい」
 女房は、多七の胸をぶつやら、顔をひっかくやら、大騒ぎが始まった。


 「さあ、面白くなってきやがった」
 博奕打ちが障子の穴を大きくしようと、指をなめては穴をえぐり、指をなめては穴をえぐりしていたら、ドガンと胸をどつかれてばったり倒れた。気を失ったと。 
 
 しばらくして気がついたら、目の前に大きな馬の尻があった。
 そこは多七夫婦の家ではなく、とある農家の馬小屋だった。今まで障子の穴だと思って指でえぐって覗いていたのは、何と馬の尻の穴だったと。
 胸をドガンとどつかれたと思うたのは、その馬に蹴(け)られたのであったと。
 「あの狸の女め、おらを化かすとて出たんとはちがうと言うたのにぃ」
 博奕打ちはこの夜、博奕に負けるは、狸に化かされるは、馬に蹴られるは、さんざんな夜だったと。

 むかしまっこう 猿のつびゃぁぎんがり。

「馬の尻のぞき」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

のぞいていたのが馬のお尻の穴だったのが驚きました。( 10歳未満 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

狼の恩返し(おおかみのおんがえし)

昔、ある山の中にポツンと一軒屋があっておっ母さんと息子とが畑を耕して暮らしておったそうな。ひどい貧乏だったので、おっ母さんも息子も働きづくめだったと…

この昔話を聴く

貧乏の神(びんぼうのかみ)

 むかしあったと。  ある家の父、毎日働かなねであったと。  毎日毎日、火ノンノンとたいて、こっちの肋あぶれば、また、こっちの肋あぶる。今度ァ背中あぶるって、そやってばしいであったと。  ある時、  「貧乏の神、貧乏の神、火ィあたりに来いでぁ」 と言ったと。

この昔話を聴く

雑煮餅のはじまり(ぞうにもちのはじまり)

 弘安(こうあん)四年、西暦(せいれき)では一二八一年、今からおよそ七〇〇年以上もの昔、九州の福岡県の博多(はかた)あたりの浜辺(はまべ)へ、海をへだてた隣(となり)の国、元(げん)の軍隊がたくさんの軍船に乗ってせめ寄ってきた。

この昔話を聴く

現在886話掲載中!