民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 佐賀県

佐賀県の昔話(全2話)

猿の尻は真赤っか(さるのしりはまっかっか)

むかし、むかし、あるところに爺さんと婆さんとが暮らしてあった。爺さんは毎日山の畑のウネ打ちに行っておったと。ある日のこと、爺さんが畑のウネを打っていたら、畑の縁(へり)にあった石に猿(さる)が腰掛(こしか)けて、爺さんの悪口言うたと。

この昔話を聴く

溶ろかし草(とろかしぐさ)

むかし、あるところに蕎麦(そば)好きの男があった。丼(どんぶり)で十五杯も食うのだと。ある日、男が蕎麦を食うているところへ博労(ばくろう)がきて、「…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦下さい。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き
鬼と山芋」の感想

鬼さん勘違いしてる! ( 10代 )

驚き
耳だけ極楽」の感想

そんな簡単に耳がとれて、びっくりしました。( 10代 / 女性 )

楽しい
踵太郎と山姥」の感想

途中から桃太郎じゃん!( 10代 / 女性 )

もっと表示する
感動
三人泣き」の感想

面白いけど3人で泣いたらうるさそうい( 10代 )

悲しい
猫と化け鼠」の感想

猫が2匹とも死んでしまったのが悲しいし、とても偉い猫だったなって思う( 10代 / 女性 )

悲しい
猫と化け鼠」の感想

猫が2匹とも死んでしまったのが悲しい( 10代 / 女性 )

驚き
見るなの蔵」の感想

まさか女の人がウグイスだったなんて、 悪いじいさんが蔵を見なければ良かったのに ひどいじいさんだなぁ

驚き
分別八十八」の感想

八人も同じ名前なんてすごい!( 10代 )