民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 世間話にまつわる昔話
  3. いつかの晩げ

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

いつかのばんげ
『いつかの晩げ』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
話者 佐藤 亀蔵
再話 佐藤 義則
整理・加筆 六渡 邦昭

 トント昔、あったけド。
 ある村さ、女子(おなご)の六部(ろくぶ)ァ一人旅して来たけド。
 晩方(ばんかた)なったどて、道端(みちばた)の家(え)さ、
 「どうが、今夜(こんにゃ)一晩泊(と)めで呉(け)らっしゃえ」
って、泊まったけド。
 六部ァ、晩飯(ばんめし)ば御馳走(ごっつぉ)なってがら、寝る前の習慣(ならい)で、鉦(かね)コ鳴らしておつとめあげだけド。

 
 戸の蔭(かんげ)の寝床(ねどご)で、ほの音聴いでだ此(こ)の家(や)の父(と)っつァ、てっきり、銭(じえん)コ数(かじえ)でる音え聴(き)いで、
 「この六部ァ、えっぱえ銭コ持ってら事(ごん)だナ」
どて、悪(わり)い心起(さ)して、夜(よ)ん半(ま)、六部ば殺(あや)めですまったけド。
 ほして、銭コさがしてみだげんの、銭コァさっぱり持ってねけド。
 「さァさ、大変事(おおごど)したちゃ、本に」
どて悔(く)やんでも、も早(はや)取り返すつかね。
 部屋の内(なか)ァ血の海地獄(じごく)えなって、足の踏(ふ)み場もないほどで、朝方(あさげ)までかがっても血ば拭(ぬぐ)いあげらんねけド。
 父っつァ、家の者さ、決して他人さ口外(しゃべ)らねようえ、固(かた)ぐ固ぐ言っておいだけド。

 
 ほれがら三年ばり事もなく過ぎだけァ、父っつァ胸(むね)なぜおろして、村のお祭りさ、大(お)っけ鯉(こい)ば供(あげ)だけド。
 お祭り過ぎでがら、供だ鯉ば直会(おさがり)して戴(いただ)ぐべどて、村の人達(しとだ)、みんな父っつァの家さ寄(よ)ったけド。
 父っつァ、鯉ばまな板さ乗へで、包丁(ほうちょう)でズバッと頭もえだれば、これァすたり、血が、じょごじょご、じょごじょご溢(あふ)って、座敷(ざしき)ァ血の海地獄えなったけド。
 ほごさ、ほの家の童(わらす)コァ出はて来て、動転(どで)して、
 「あやァ、えずがの晩げ、女子六部ば殺めだ様だえ。えっぱえな血ァ出た事だ」
どで、叫(さが)んだけド。
 ほんで、ほの父っつァ、役人(やくにん)に捕(とら)えらって、六部殺すの一部始終(いちぶしじゅう)ば白状(はくじょう)したって言う事だド。
 人ざ、悪い事ば隠し切んねェもんだけドヤ。

  ドンビン サンスケ ホーラの貝。



「いつかの晩げ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

とげぬき地蔵(とげぬきじぞう)

江戸時代の中ごろ、江戸の小石川、今の文京区に、病の妻を持つ田村という侍がいてたいそうお地蔵さまを信心しておった。侍は、毎日、毎日、妻の病が早くなおる…

この昔話を聴く

見るなの蔵(みるなのくら)

むかし、あったけど。あるところに爺さまがあって、山の中で働(はたら)いていたと。せい出して働いていたら帰り時をあやまったと。じきに暗くなって、爺さま道に迷って困っていると、向こうの方に灯(あかり)がテカン、テカンと見えた。

この昔話を聴く

縁切状(えんきりじょう)

 昔、あったてんがな。  あるところに、父(とと)と嬶(かか)が暮らしてあった。  あるとき、父と嬶が諍(いさか)いして、父が嬶に、  「うるさい。お前のようなもん、出て行け」 と言うた。

この昔話を聴く

現在886話掲載中!