民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 世間話にまつわる昔話
  3. 納豆の由来、二題

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

なっとうのゆらい、にだい
『納豆の由来、二題』

― 山形県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤

 むかし、加藤清正(かとうきよまさ)が戦で朝鮮(ちょうせん)に行ったときのこと。
 陸上では負けしらずの戦いぶりであったが、海上では日本の水軍が負けた。海上封鎖(かいじょうふうさ)されたので、日本からの補給(ほきゅう)がなくなったと。
 冬が来て、寒さは寒いし、食べものは無いしで、朝鮮の現地(げんち)から豆を取り上げ、その豆を煮て、弁当にして持って歩いたと。
 春になって、その汁がしたたるもので、どうも具合が悪い。


 そこでワラの苞(つと)へ煮豆(にまめ)を入れて背負って戦っていた。
 一日目はなんともなかったが、二日目になって煮豆が糸ひいておかしくなった。
 「こりゃ、腐(くさ)ったようだ。食うちゃならん」
と、誰(だれ)かが言うたら、他の武士が、
 「かというて、他に食うものはないぞ」
というた。
 「そうだ、こんなにいっぱい捨てるのは惜(お)しい」
 「なあに、せいぜい腹(はら)こわすぐらいじゃ」
という者(もの)がいて、ある武士が、ワラ苞(づと)に指を突っ込んで食うたと。そしたら、
 「いや、こりゃなんと。
  うまい、こりゃうまいぞ」
と、いうて、むしゃむしゃ食べた。
 そしたら、他の武士たちも、つられて食べたと。

 
納豆の由来、二題挿絵:福本隆男

 「うむ、こりゃなんだ。ただの煮豆で食うよりも力がつきそうだわい」
というものがいて、みなみな「なんと」「なんと」といいながら食べたと。
 なんとうまい、なんとうまいというのがいつの間にかなまって、納豆というようになったと。

 
 もうひとつ
 むかしむかし、あるひとが、春先に、味噌(みそ)を造(つく)ろうとしたそうな。
 煮(に)た大豆(だいず)を五合(ごごう)と糀(こうじ)を五合と、塩(しお)を五合用意して、それらを臼(うす)に五合混ぜに入れた。さて、搗(つ)こう思ったところが、人が呼びに来て、急な用事が出来た。
 用事をたしているあいだに、煮豆(にまめ)が冷(さ)めるといけないと思い、臼の上に蓆(むしろ)をかけ、更にその上にワラをかけておいたと。
 すぐに終わると思った用事がなかなか終わらなくて、次の日までひきずってしまったと。


 次の日、さて前日の続きをしようと思い、臼にかけておいたワラを除(の)け、蓆(むしろ)をとって、さあ搗(つ)こうとしたら、なんと、豆からネバッコイ糸がズルズル、ズルズル出てしまっていた。とても搗(つ)ける状態ではなかったと。
 
納豆の由来、二題挿絵:福本隆男


 「あやぁ、もったいないことした」
と、なげいて、指でとって、そおっと匂(にお)いをかいでみた。
 「匂いは悪くねぇなぁ」
 おそるおそる口へ持って行った。舌(した)に触(さわ)った感じでは、どうも腐(くさ)ったものでもないらしい。かんでみた。そしたらなんと、食わんねえどころか、うまいものになっていた。
 「なんとうまいもんだ」
と、喜んだと。
 嬉しくて、たくさんのひとに食べさせたらそれがみな、「なんと」「なんと」という。
 「なんと」がだんだん「なっとう」になり、ワラヅトに納(おさ)めて保存するようになったので、納める豆と書いて「納豆」というようになったのだと。
  
 どんぴんからりん すっからりん。

「納豆の由来、二題」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

大きな手(おおきなて)

 むかし、紀州(きしゅう)、今の和歌山県の有田(ありた)と日高(ひだか)の郡境(ぐんざかい)にある鹿ケ瀬峠(ししがせとうげ)というところへ、惣七(そうしち)という猟師(りょうし)が猪(いのしし)を撃(う)ちに行ったそうな。  いつものように犬を使って猪を追い出そうとしたが、その日にかぎって一頭も出てこん。

この昔話を聴く

屁一つで村中全滅(へひとつでむらじゅうぜんめつ)

昔、ある村に屁っぴりの娘がおったそうな。あんまりひっきりなしに屁をこくので、めったに外へ出ることはなかったと。「この娘(こ)は、一生嫁に行けないので…

この昔話を聴く

彦市どんとタヌキ(ひこいちどんとたぬき)

むかし、肥後(ひご)の国(くに)、今の熊本の八代(やつしろ)というところに、彦市どんという、おもしろい人がおって、いつも、人をだましたり、からかった…

この昔話を聴く

現在886話掲載中!