民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋 > 
  2. 人まねの失敗にまつわる昔話 > 
  3. 屁ったれ爺

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

へったれじい
『屁ったれ爺』

― 青森県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭

 昔、あるところに爺さまと婆さまといてあったと。
 ある天気のよい日に、婆さま、麦干(ほ)していたら、そこへ雁(がん)が飛んできて下りたと。
 爺さま、ソバ餅を食べて食べて、腹ぁきつくて、屁ェ出したくなった。が、仕事しとる婆さまに遠慮(えんりょ)して尻の口に栓をして寝ていたと。がまんしてがまんして、がまんしきれなくて、とうとうぽーんと屁ェたれた。その拍子に栓が抜け飛んで、雁に当って雁は死んだと。

 
屁ったれ爺挿絵:福本隆男
 晩げになって爺さまと婆さまが雁汁(がんじる)を食べていたら、隣の婆が、
 「火コたもれぇ、火コたもれぇ」
といって、家に入ってきた。爺さまと婆さま、
 「火コもたもるし、雁汁も食っていけ」
といって、雁汁を椀にもってご馳走した。

 
 隣りの婆、
 「うめじゃ、うめじゃ」
というて食べながら、
 「どうやって雁つかめえたや」
と聞いた。婆さま、
 「なぁんも、しねぇのさ。爺さ、ソバ餅たらふく食うて寝ていたら、屁ェこきたくなって、尻に栓かってたのが飛んで、雁に当っただけだ」
と教えてやった。隣りの婆、
 「うんめかった」
というて、帰ろうとするのへ、爺さにも、というて、別の椀に一杯持たせてやったと。

 
 次の日、隣りの婆は、ソバ餅をたくさん作ってむりやり爺に食わせ、尻に栓をかって寝かし、麦を干したと。
 麦干ししながら雁が飛んできて下りるのを待っていたが、雁は一羽も下りてこない。手持ちぶさたで、麦を掻(か)きまわしたと。
 寝ていた爺、麦を掻きまわす音を聞いて、てっきり雁が下りてきたと思って、ポーンと屁をたれた。栓が抜け飛んで婆に当り、婆は死んだと。爺、
 「婆、婆、雁コァ捕れたかあ」
というて、庭におりて見たら、婆が死んでいたと。
 欲張って人真似すれば、大水(おおみず)くらるじィ。

 どっとはらい。

「屁ったれ爺」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

屁ったれじい屁でがん殺しちゃうのはすごい( 30代 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

豆腐の病気(とうふのびょうき)

昔、大豆(だいず)と大根と牛蒡(ごぼう)と人参(にんじん)とジャガ芋(いも)は友達だったそうな。大豆が出世して豆腐(とうふ)になったと。豆腐になった…

この昔話を聴く

蕨長者(わらびちょうじゃ)

 むがす、むがす、あっどごに貧乏だったげんども、正直で働き者の百姓がいたど。  八十八夜様が来っと、何がなくても餅を搗いて神さんさ上げて、豊作を祈願してたど。 ところが、ある年のこと、不作で飯の米にもこと欠くようで、八十八夜様がやって来ても、餅搗いて上げようもなかったんで、隣近所さご無心して、やっと餅を搗いて上げることができたど。

この昔話を聴く

親子と馬(おやことうま)

むかし、あるところにお父(とう)と息子が住んであったと。 あるとき、馬を一頭、町へ売りに行くことになったと。お父と息子は、さてどうやって馬を連れて行こうか…

この昔話を聴く

現在867話掲載中!