民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 頓知のきく人にまつわる昔話
  3. ひとスリ違い

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

ひとすりちがい
『ひとスリ違い』

― 大分県大野郡野津町大字野津市 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭

 むかし、むかし。
 豊後の国、今の大分県大野郡野津町(おおたいけんおおのぐんのづまち)大字野津市(おおあざのづいち)というところに、吉四六(きっちょむ)さんという、頓知(とんち)の効いた面白(おもしろ)い男がおった。

 ある春の日、吉四六さんが畑仕事(はたけしごと)の帰りに庄屋(しょうや)さん方(かた)の前を通りかかった。

 
すると庄屋さんが縁側(えんがわ)に座って、こっちを見ながら手招(てまね)きをしている。吉四六さん、あたりを見まわしたが、他には誰もおらん。己の鼻(はな)を指差して、儂(わし)かい、とばかりにアゴを突き出して見せた。
 庄屋さんがうなずきながら、来い、来い、こっちゃ来い、とばかりになおも手招きした。
 ひとスリ違い挿絵:福本隆男


 いつもなら大声で
 「ようい、吉四六、ちょいと来い」
と呼ぶのがお定(さだ)まりなのに、どうも妙だ。
 「ふうん、他の者(もん)には知られたくない、内緒(ないしょ)の相談事(そうだんごと)でもあるのじゃろか。まぁ、お庄屋さんが頼(たよ)れるのは、こん村じゃあ儂しかおらんじゃろう。よしよし」
 吉四六さん、あらためてあたりを見回し、人目の無いのを確(たし)かめて、屋敷内(やしきうち)へソッと入って行った。


 そばへ寄ったら、庄屋さんが顔を近づけて、ひっそりとささやいた。
 「吉四六、どこに行ってたかや」
 「へーい、畑へ菜っ葉植えに行きやんした」
 吉四六さんも声をひそめて答えると、庄屋さんは一層(いっそう)低い声で、
 「お前の帯(おび)が解(と)けかけちょるので、教えてやろうち思うち呼んだのじゃ」
という。


 鳩(はと)も烏(からす)も聞いていない二人っきりなのに、どうしてそんなにコッソリ話さにゃならんのか、こりゃよほど秘密(ひみつ)の話に違いない、と思うた吉四六さん、ワクワクして庄屋さんの耳に口を寄(よ)せ
 「へーい、そらどうもご親切(しんせつ)さまに」
と、ささやき返した。
 すると庄屋さん、ゴホン、ゴホンとセキをして、
 「吉四六や、お前もカゼか。早う帰っち寝(ね)たがいいぞ。今年のカゼはノドがやられて声が出んのじ。お互(たが)いに困るのう」
というた。


 昨日、庄屋さん方からふんがいして帰って来た吉四六さん、今朝(けさ)になっても未(ま)だ気が晴れない。ブツブツつぶやいていたら、いいことがひらめいた。
 早速(さっそく)身支度(みじたく)をして庄屋さん方へ訪ねて行った。
 庄屋さんは風邪(かぜ)が昨日よりひどくなって寝込(ねこ)んでいたが、吉四六さんが臼杵(うすき)の町まで行って来るというのを聞いて、
 「そんなら、ついでに薬を買うち来ちくれんな」
と頼んだ。


 夕方になって帰ってきた吉四六さん、
 「ちと少ないが、頼まれた品を買うち来た」
というて、小さな紙包みを枕元(まくらもと)へ置いた。庄屋さんが開けてみると、中から出てきたのは薬ではなく一本のヤスリだった。
 ひとスリ違い挿絵:福本隆男


 「これ吉四六、こげんなもの頼んじょらん」
と、けげんそうに言うと、吉四六さん、事も無(な)げに、
 「じゃから、はじめに『ちと少ないが』とことわりを入れちょいた。なんぼ歩いても薬屋がみつからんきに、金物屋(かなものや)に寄(よ)っち買うち来た。クスリとヤスリじゃ、たった一(ひと)スリ違いじゃ、それで間に合わせておかんせ」
 こういうたと。
 
 もしもし米ん団子、早よう食わな冷ゆるど。

「ひとスリ違い」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

猿の生肝(さるのいきぎも)

昔、竜宮の神さまのひとり娘、乙姫(おとひめ)が病気になったので、法者(ほうじゃ)に占ってもらったと。法者はムニャラ、ムニャラ占いをやって、「この病気…

この昔話を聴く

狼の恩返し(おおかみのおんがえし)

昔、ある山の中にポツンと一軒屋があっておっ母さんと息子とが畑を耕して暮らしておったそうな。ひどい貧乏だったので、おっ母さんも息子も働きづくめだったと…

この昔話を聴く

ヒバリとウズラとヨシキリ(ひばりとうずらとよしきり)

むかしむかし、ヒバリとウズラとヨシキリは、仲良く一緒に暮らしていたそうな。ある日、ウズラに用ができて町へ出掛けることになったと。ウズラは履き物が無かったので、ヒバリの草履を借りようと思った。

この昔話を聴く

現在885話掲載中!