民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 人まねの失敗にまつわる昔話
  3. 婆コロリン

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

ばあころりん
『婆コロリン』

― 熊本県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
資料 全国昔話資料集成6
   肥後昔話集 木村裕章編

 むかし、あるところに正直な婆(ばあ)さんがおったと。
 あるとき、婆さんは団子(だんご)をこしらえて、親類(しんるい)の家へ持っていった。そしたら途中で石につまづいて転んでしもうた。
 そのひょうしに重箱(じゅうばこ)の蓋(ふた)が開いて、団子がひとつ、道端(みちばた)の大きな穴に転がり落ちたと。
 そしたら、穴の中から、
 「ダンゴコロリン、ダンゴコロリン」
いうて、あとを催促(さいそく)してきたと。婆さんは面白くなってその穴に団子を投げ入れたと。

 
婆コロリン挿絵:福本隆男
 
 そしたらまた、
 「ダンゴコロリン、ダンゴコロリン」
いうて来たと。
 婆さん、いよいよ面白(おもしろ)がって、とうとうみんな投げ入れてしまったと。


 「ありゃ、なぁんも無(の)うなった」
いうて重箱の中を見ていたら、穴の中から、
 「重箱コロリン、重箱コロリン」
いうてきたから、重箱も投げ入れたと。
そしたら今度は
 「婆コロリン、婆コロリン」
と催促してきたので、とうとう婆さんも穴の中へ飛び込んだと。


 穴の中には道があって、それを、ずーっと下りて行くと、向こうに灯りが見えたと。
 それをたよりに着いてみたら、鬼の岩屋だったそうな。
 婆さん魂消(たまげ)て、逃げて戻ろうとしたら、岩屋の中から鬼が出てきて、
 「お前はなかなか正直(しょうじき)じゃな。さっきは団子をありがたかった。すまんが、今日から俺たちを助けてくれんか。お礼はする」
いうた。

 
婆コロリン挿絵:福本隆男

 婆さん恐わ恐わその鬼の岩屋で暮らすことになったと。そしたら鬼は、
 「飯(めし)を炊(た)いてくれ」
いうて、米粒(こめつぶ)を三粒くれたと。婆さんは、たった三粒で、と妙に思うたが、鬼の言うとおり、大きな釜(かま)で三粒の米を炊いてみたと。
 そしたらなんと、すぐに大釜一杯のご飯が出来たと。
 「こら、便利な米もあるもんだ」
と感心したと。


 鬼たちは、ご飯を食べるとすぐに、
 「俺たちは仕事に出掛ける」
いうて、婆さんに留守番(るすばん)させて、岩屋を出て行ったと。
 婆さんは、今のうち、思うて、大きい袋に不思議な米をいっぱい詰(つ)めて、穴から逃げ出て、家へ戻ったと。
 そして、ためしに釜に米三粒入れて炊いてみたら、やっぱり釜いっぱいにご飯が炊けた。
 腹いっぱい白いご飯を食べていると、となりの欲深か婆さんがやって来て、
 「昨日の貧乏、今日の長者。いったいどうしてだ」
いうて、そのわけを訊(き)いたと。
 婆さん、これこれこうだと話して聞かせたと。


 欲深か婆さん、これを聞いて家にとって帰り、さっそく団子をこしらえて、道端の穴に投げ入れたと。
 そしたら穴の中から、
 「ダンゴコロリン、ダンゴコロリン」
と催促の声があって、みんな投げ入れたと。
 今度は、
 「重箱コロリン、重箱コロリン」
というから、重箱を投げ入れたと。
 「さあ、いよいよ婆の番だぞよ」
 とわくわくしながら待っていると、
 「婆コロリン、婆コロリン」
と催促して来た。欲深か婆、
 「ほうれきた」
いうて、喜び勇んで穴に飛び込んだと。

 
婆コロリン挿絵:福本隆男

 穴の道をどんどん下りて行くと、鬼の岩屋があって、
 「おう、これだこれだ」
いうていたら、岩屋から鬼が出て来て、
 「盗人婆がまた来た」
いうて、欲深か婆をつかまえ、よってたかって打ちすえてから、食うてしもうたと。
 こんでしみゃー。

「婆コロリン」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

悲しい

欲深婆さんだけど、ちょっとかわいそう( 10歳未満 / 男性 )

楽しい

おむすびころりんみたいで、とてもおもしろかったです!( 10歳未満 / 女性 )

悲しい

お婆さん、この米は盗んだということまでちゃんと話したのかな?いくら欲深婆さんだって、人の罪まで被ることないのに……( 30代 / 女性 )

もっと表示する
感動

おむすびころりん?( 10代 )

驚き

欲ばり婆さんは、欲ばりだけれど、 食べられてしまうからかわいそうだとおもいました(^o^)( 10歳未満 / 女性 )

楽しい

ちょとと欲深ばあがかわいそう

こんなおはなしも聴いてみませんか?

嫁と姑女(よめとしゅうとめ)

昔昔、あるところに八百屋(やおや)があった。八百屋は魚屋の娘を嫁に貰(もろ)うたと。嫁はこまめに働くし、威勢はいいし、姑女さんも大層嬉(よろこ)んで…

この昔話を聴く

猫の踊り(ねこのおどり)

 昔、あるところに若い夫婦者(ふうふもの)が古猫とくらしておったそうな。  あるとき、  夫が山仕事に出掛けたあとで、炉端(ろばた)で居眠(いねむ)りしとった猫(ねこ)がムックリ起きて、大きな目でギロリとあたりを見廻(みまわ)してから、嫁(よめ)さんの側(そば)に寄って来たと。

この昔話を聴く

せんとくの金(せんとくのかね)

 むがし、あるところに諸国(しょこく)を巡り歩いている六部(ろくぶ)がおったと。  あるとき、山径(やまみち)を歩いていたら喉(のど)がかわいた。

この昔話を聴く

現在886話掲載中!