民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋 > 
  2. 世間話にまつわる昔話 > 
  3. 抜け出した魂

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

ぬけだしたたましい
『抜け出した魂』

― 高知県香南市夜須町 ―
再話 市原 麟一郎
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子

 ちょっと昔の話。
 高知県香南市夜須町(こうちけんこうなんしやすちょう)の弥作(やさく)さんというお人が高知へ行って、帰ってくるとき、むかしは歩きよりましたろう。ほんで、家に帰り着いたのが夜中時分じゃったそうな。


 弥作さんのところは、家が二軒(にけん)並んじょって前が田芋畑(たいもばたけ)になっとった。そこを通って自分の家の戸に手を掛けようとしたところが、ひょっとおかしな気がして、隣(となり)の家の方に目をやると、隣の家の雨戸(あまど)の節穴(ふしあな)から、火の玉がひとつ、ふわっと抜け出すのが見えた。


抜け出した魂挿絵:福本隆男

 
 火の玉は田芋畑の田芋が植(う)わっちょる上を二、三回、くるくるっと回(まわ)って、また家ん中へすうっと入った。
 弥作さんは、ありゃと思うた。
 「こりゃおおごとじゃ。昔から人が死ぬるとき、その家の軒(のき)から火の玉が出るというきに、こりゃ、ここの家に死人が出たやらしれん。早う行ってみてやらにゃ」
と、隣へ行きかけたら、また、雨戸の節穴から火の玉がすうっと出てきよった。
 くるくると田芋畑の上を回って、また、すうっと家ん中へ入っていく。
 弥作さんは震(ふる)えあがって、こりゃいかん、表口(おもてぐち)はいかんぞ、火の玉にとびつかれたらかなわん、と思うて裏手(うらて)へまわった。


 それでもよう行かんで首を伸ばして様子を見とったが、裏口からは火の玉が出んようなので、戸口に近寄ってみた。家ん中はシンとしとる。
 「こりゃいかん。家じゅう死によったか」
と思い、戸も割れんばかりにドンドン叩(た)いた。
 「おおい、久助(きゅうすけ)、起きてくれぇ。おおい、ここ早う開けぇ。生きちょるんかぁ」
と、でかい声でどなりよった。
 すると、寝呆(ねぼ)けた声で、主人の久助さんが、
 「やかましいなぁ、どうしたことなら」
というのが聞こえ、戸がガラリと開いた。


 「久助、おんしゃ生きちょったか」
 弥作さんはホッと胸をなでおろしてから、たった今、田芋畑を火の玉が飛んどった話をした。
 「妙なことや。うちにゃ死人も病人もおらんが、確かに田芋畑か」
 「おお、田芋畑の上を、くるくるっと、こう……」
 「そんならその火の玉は、おらのかもしれん」
 久助さん、身をぶるっと震(ふる)わしてから
 「そう言われてみると、確かにおらあ、今夢を見とった。田芋畑に細い月が出よって、芋の葉が揺(ゆ)れちょるその上を遊びゆう夢じゃったが、ほなら、おらの魂が抜け出たのかや」
というた。

 
抜け出した魂挿絵:福本隆男

 弥作さんに起こされんかったら、久助さんな、そのまま死によったんじゃろうか。
 それとも、ただの浮遊魂(ふゆうこん)なんじゃろうか。
 
 むかしまっこう 猿まっこう
  猿のつびゃぁぎんがりこ。

「抜け出した魂」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

ちょっと怖い。魂が抜けていたままだったら...( 10歳未満 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

宝の下駄(たからのげた)

むかし、あるところに大層親孝行なひとりの息子がおった。あるとき、母親が病気で寝ているので薬を買うお金が必要になった。そこで権造(ごんぞう)という伯父…

この昔話を聴く

これ彦八、早よ話せ(これひこはち はよはなせ)

昔あるところに彦八がおった。彦八の近所に禅寺(でら)があった。茶菓子をめあてに、彦八はいつも遊びにいっていた。行くたびに和尚さんは、「彦八、珍しい話…

この昔話を聴く

福は内 鬼は外(ふくはうち おにはそと)

 とんと昔の話じゃったそうな。  あるところに女の子が出来た。名前をお福(ふく)とつけた。村中(むらじゅう)でも誰(だれ)にも負けない器量好(きりょうよ)しだったと。

この昔話を聴く

現在867話掲載中!