民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 特異な能力にまつわる昔話
  3. 小佐次

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

こさじ
『小佐次』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
再話 今村 義孝

 昔、あったずもな。
 ある村さ歌よむ若(わげ)ぇ者(もん)いで、小佐次(こさじ)と言ったど。
 そこの村の庄屋(しょうや)の一人娘、病気になって、なんぼ医者さかげても良くならねぇで、とうとう息ひきとってしまったど。
 「あや、しかだねぇ。なんとしたばええべか。たれか生き返らせてくれだば、なんたぼうびも何でも呉(く)れるんて」
ど、庄屋の父(とう)さん、家の中さわいで歩いだど。医者も鍼師(はりし)も来たども、なんともならべがったど。


 そごさ、小佐次来たわけだ。して、
 「娘、からだ悪い風(ふ)だどもどんなあんべだか」
 「今、亡くなったどこだ」
 「んだか、おらにひとつ歌よませで呉(け)れな」
ど言ったば、もう誰さ頼んでも駄目(だめ)であった時なんで、庄屋の父さん、
 「いがべ、いがべ、やってみてけれ」
ど、頼んだど。
 
小佐次挿絵:福本隆男


 小佐次、奥の娘寝せである座敷(ざしき)さ行って見たば、きれいだきれいだ布団(ふとん)着て、めんけぇ顔コして、眠ったように死んでだど。したば小佐次、
 
 〽天上の 天の河原に 水まして
 〽こさじと言って かえる我が君
 
ど、三べん詠(よ)んだば、娘、眼(まなぐ)しずかにあげて、
 「あぁ、寝だったなぁ、寝だったなぁ」
ど、布団の上さ起きあがったど。
 庄屋喜んで、
 「どうか娘の聟(むこ)さ、なってけれ」
ど願って、小佐次、娘の聟さ貰(もら)ったど。
これきって、とっぴんぱらりのぷう。

「小佐次」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

小佐次すごい僕のおばあちゃんも生き帰らせて欲しい ( 10歳未満 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

やきもち(やきもち)

昔、あるところに木樵りの夫と女房とがあったと。夫は山に泊まって木樵りにせいを出し、った木が貯まると、それを担いで山を下りる暮らしだったと。

この昔話を聴く

吉四六さんと鳶と魚売り(きっちょむさんととんびとさかなうり)

むかし、豊後の国、今の大分県臼杵市野津町大字野津市というところに吉四六さんという面白い男がおった。ある日のこと、吉四六さんにしては珍しくすることがなくて、縁台に腰かけていた。

この昔話を聴く

山の一軒家(やまのいっけんや)

むかし、あるところに炭焼きの若い衆(し)が二人で、春炭(はるすみ)を焼きに山へ行ったと。ところが、どこでどう道を迷うたのか、行けども行けども炭焼かま…

この昔話を聴く

現在886話掲載中!