民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 言葉の聞き違い・言葉遊びにまつわる昔話
  3. 鶴と亀

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

つるとかめ
『鶴と亀』

― 埼玉県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭

 昔々の大昔。
 あるところに鶴と亀とがあったと。鶴は大層(たいそう)べっぴんさんで、亀はドッシリとしていたと。
 あるとき、鶴と亀とが出会ったら、鶴は亀をとても頼(たの)もしそうに思えたと。それで鶴が、
 「亀さん、亀さん、私の聟(むこ)さんになってちょうだい」
と言ったら、亀が、
 「おれぁ、嫌だな」
と言うたと。

 
 「なしてぇ。足が長いからぁ」
 「いいや、足が長いのはいいけれど」
 「それじゃぁ、首が長いからぁ」
 「いいや、首が長いのもいいけれど」
 「そんじゃ嘴(くちばし)が長いからぁ」
 「いいや、嘴が長いのもいいけれど」
 「それじゃなして私の聟さんになるのが嫌なのぉ」
 「足が長いのも、首が長いのも、嘴が長いのも、なにもかもべっぴんだと思う。思うけど……」
 「けどなに」
 「うん」
 「なによ、はっきり言って」
 「わかった。あのな、おれたち亀は万年生きるもんだ。あんたたち鶴は千年生きるもんだ。あんたが千年で死んだら、残り九千年もおれはヤモメ暮らしだ。これはつらいぞぉ。だから、いっくらあんたがべっぴんさんでも、あんたの聟どんには、ようなれん」


 「そりゃぁ、まあ、そうだわね。そんなら、友達になってくれる」
 「それなら、願ったり叶ったりだな」
と、話し合って、鶴と亀は友達になったと。
 鶴と亀はどこへ行くにも一緒だと。あんまり仲が好(い)いもので、あやかりたい、あやかりたい言うて、あちこちの祝(いわ)い事に呼ばれるようになったと。
 鶴は千年、亀は万年といって、今でもめでたい、あやかりたいと言うているが、大昔、鶴と亀にはこんなことがあったんだそうな。

  おしまいチャンチャン。

「鶴と亀」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい

昔、関西弁で、鶴はくちばしがあるので、お酒は飲めません年と、いい、亀は豆が、固くて?かめまんねん、せんねんとまんねんをかけた、笑い話がありましたが、しってるひとがおられたら、教えてください。( 70代 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

和尚さんと狐(おしょうさんときつね)

むかし、あるところに和尚さんと小僧さんがおったと。ある秋の日、和尚さんと小僧さんが檀家の法事をすませてお寺へ帰る道を歩いていたと。空は晴れとるし、草花は咲いとるし、道端の石に腰かけて、和尚さん一服した。

この昔話を聴く

鶉と狸(うずらとたぬき)

 昔、あったと。鶉(うずら)と狸(たぬき)があったと。  あるとき、鶉と狸が道で出合ったと。鶉が、  「狸どん、狸どん。今日はお前に殿(との)さまの行列を見せてやろうと思うが、どうだ、井ぐいに化けないか」 と、狸にもちかけた。

この昔話を聴く

地蔵の木曳(じぞうのこびき)

むかし、あるところに貧乏な爺様(じさま)と婆様(ばさま)があったと。大晦日(おおみそか)が来たけれども、魚も米も味噌も何もないのだと。爺様が、「婆様…

この昔話を聴く

現在885話掲載中!