民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 世間話にまつわる昔話
  3. 燕の土産

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

つばめのみやげ
『燕の土産』

― 岐阜県 ―
語り 井上 瑤
採集 和仁 市太郎
再話 江馬 美枝子
資料 日本の民話9

 むかし、美濃(みの)の国(くに)、今の岐阜県(ぎふけん)大野郡(おおのぐん)宮村(みやむら)の段(だん)というところに、猪野谷(いのや)という人がいたと。
 この家に毎年燕(つばめ)がきて巣を作り、秋になると幾羽もの子燕を連れて、遠く南の国へ帰っていった。
 それが親の代から続いていたと。


 ある秋の朝、南へ帰る燕を見送りながら、
 「つばめよ、お前たちぁ、永いうち俺(お)らん家(ち)へ来て巣を作って、子供をふやえて帰っていくが、お前たちも、ちっとはありがたいと思うろ。そんなら南の国から、何か珍しい土産でも持ってきてくれたらどうじゃな」
 おやじは、別に土産が欲しかったわけではなかったが、そんなことを燕にいうた。
 燕の土産挿絵:福本隆男


 雪にとじこめられた長い寒い冬が過ぎ、春になった。遅い桜が散って間もなく、いつものように燕は飛んできたと。    
 そして、いつものように土間(どま)の上の古い巣にとまると、口にくわえていた何かの種を、ポトンと落としてよこした。
 「土産を持ってきてくれたのかよ。えらいすまなんだなぁ」
 猪野谷のおやじは、燕がせっかく持ってきてくれたので、何の種だかわからないまま畑に埋(う)めた。


 そして何が生(は)えるのか楽しみながら毎日たんせいしていたら、黄色い花が咲いた。
 「なんたら大きい花じゃろ」
 驚いているうちに実になったと。南瓜(かぼちゃ)だったと。
 ずんずん大きくなって、まだまだ大きくなるようす。村人たちも、
 「どえらい大きな南瓜じゃな」
 「どでかい奴じゃなぁ」
と、みなみな呆(あき)れ顔だ。


 秋になると、十貫近くの大南瓜になったと。
 猪野谷のおやじはよろこんで、さっそく鉈(なた)で割った。そしたらなんと、中に小さな蛇(へび)がいたと。
 鉈(なた)で割るときに、どうやら片目を切ったらしく、小蛇は片目になって、どこかへ姿を消したと。
燕の土産挿絵:福本隆男


 燕の帰っていく南の国では、この小蛇がおいしいご馳走だったと。
 それで燕は、はるばる土産に持ってきてくれたのだったが、猪野谷のおやじにはそれがわかるはずもない。
 宮村(みやむら)の段(だん)には、今でも片目の蛇がいるが、村の人たちは「猪野谷へんべ(蛇)」と呼んでいる。
 
 しゃみしゃっきり 鉈柄(なたづか)ぽっきり。

「燕の土産」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

へびが美味しい?!( 10代 / 女性 )

驚き

か、か、片目の蛇?!( 10代 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

節分の鬼と伝兵衛爺(せつぶんのおにとでんべえじい)

 むかし、あるところに伝兵衛(でんべえ)という爺(じい)がおった。酒とバクチとケンカが何より好きで、おまけに偏屈者(へんくつもん)であったと。  ある年の節分の晩(ばん)、  「よそと同じように豆まきしてもつまらん。おらとこはあべこべにやる」  「そうれ、福は外、鬼(おに)は内」 というて、豆まきしたと。

この昔話を聴く

息子の嫁(むすこのよめ)

 むかし、あるところに大分限者(ぶげんしゃ)があった。  大分限者には息子が一人あって、三国一景色のいい男であったと。年頃(ごろ)ともなると、あっちこっちから、どこそこの娘(むすめ)を嫁(よめ)に、という話が…

この昔話を聴く

蛙石(かえるいし)

むかし、あるところに蛙(かえる)によく似た形をした大きな石があったと。村の年寄(としよ)りたちは、子供たちに、「あの蛙石(かえるいし)な、こわいぞ。

この昔話を聴く

現在882話掲載中!