民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 幸せな結婚にまつわる昔話
  3. 息子の嫁

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

むすこのよめ
『息子の嫁』

― 青森県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭

 むかし、あるところに大分限者(おおぶげんしゃ)があった。
 大分限者には息子が一人あって、三国一景色(さんごくいちけしき)のいい男であったと。年頃(としごろ)ともなると、あっちこっちから、どこそこの娘(むすめ)を嫁(よめ)に、という話が持ち込まれる。が、息子はのほほーんとして、ちいっともその気がないのだと。 
 分限者夫婦(ぶげんしゃふうふ)は、少しは世間を知っておいた方がいいだろうと話しあい、家の番頭二人をつけて、息子を江戸見物に出したと。

 江戸はさすがに将軍様(しょうぐんさま)のお膝元(ひざもと)だけに、大層(たいそう)な賑(にぎ)やかさ。息子より二人の番頭の方が大喜び。あそこがいい、ここがいいと見物して歩き廻(まわ)っていたら、息子は厠(かわや)に行きたくなった。

 
 番頭たちは厠を貸(か)してくれそうな家を探(さが)したが、表通りは立派(りっぱ)な家ばかりで気が引け、裏通(うらどお)りへまわって、ある家で厠を借りてやった。
 家こそ粗末(そまつ)なつくりだったが、出てきた娘の美しいこと、息子には、竜宮の乙姫(おとひめ)か、舞(ま)いおりた天女(てんにょ)かと思えるほどであった。
 
息子の嫁挿絵:福本隆男
 

 
 一目見たとたんに足元がフワフワして、あとで宿に戻(もど)ってからも、あのとき、はたして厠で用をたしたものやら、たさなかったものやら、さっぱり覚えていないのだと。
 息子は番頭たちに、
 「もうどこも見たくない。早く家へ帰ろう」
といい出した。

 番頭たちにしてみればとんでもない。分限者の大旦那(おおだんな)さまからは、半年や一年は世間勉強をしっかりさせてこい、と言われてきているのに、江戸へ着いてから数日しか経(た)っていない。いろいろ、あの手この手でなだめすかしたが、息子は、
 「お前たちがかわりに世間を良く見てくればいい。俺(おれ)ァ一人で帰る」
というて、今にも宿を出そうな気配だ。
 番頭たちは仕方なく、息子のお供(とも)をして国に帰って来たと。
 分限者夫婦は、息子たちが急に戻って来たのでびっくり。おまけに、家に帰り着いたら息子は布団(ふとん)を被(かぶ)って寝(ね)てしまったのでおろおろするばかりだ。あの医者、この医者と見てもらったが分からない。

 
 江戸へ供した番頭二人に聞いてみると、なんと、江戸で厠を借りた家の娘を思い続けているらしいことが知れた。
 分限者の大旦那さまが、
 「我家の嫁御(よめご)に裏通りの粗末な家の娘は不釣合(ふつりあい)だ」
というと、奥さまが、
 「何をいいますか、息子が病になるほど好きになった娘ご。あれこれ言っている場合ですか」
というた。
 「うっ、うーん。長患い(ながわずらい)で身が細っても困(こま)るし、ここはお前にまかせる」
ということになって、奥方は供をした二人の番頭をまた江戸へやったと。
 先方に行き、嫁にほしいと話すと、娘もまた、こころひそかに、あのときの息子の景色振りが忘れられないでいたので、いちもにもなく承諾(しょうだく)したと。
 急いで国元に報(し)らせ、幾度(いくど)かのやりとりがあって、吉日を選んで祝言(しゅうげん)の日を待つばかりとなったと。
 ところが、娘の家のとなりのバクチ打ちが、この娘にほれていた。そこへ分限者の息子と祝言をあげる話が耳に入ったわけだ。


 バクチ打ちは、この話をこわして、なんとか娘をわが女房(にょうぼう)にしたいと思ったと。で、隣の婆ァと、バクチ仲間の医者に相談を持ちかけた。二人はたらふくご馳走(ちそう)になって、承知したと。

 次の日、隣の婆ァはその娘を湯屋に誘(さそ)い、「お前が先に入って湯加減(かげん)を見てくれ」といった。娘が先に湯につかると、そのすきに婆ァは、自分の財布(さいふ)を娘の脱(ぬ)いだ着物のたもとにいれ、知らんぷりをして湯につかったと。
 二人が湯からあがって帰りぎわに、婆は、
 「あれっ、わしの財布がない」
と騒ぎ出した。その財布が娘のたもとから出てきた。婆ァは、
 「お前が盗ったとはナ。人は見かけによらないものだ。こいつは盗人女(ぬすっとおんな)だ」
ゆうて、湯屋の客みんなの前で恥(はじ)をかかせたと。
 医者は医者で、
 「あの娘はろくろ首だ。夜中に首が六尺(しゃく)も抜(ぬ)けて、あんどんの油をなめる。縁談は破談(はだん)にした方がよい」
と、手紙を書いて飛脚に持たせ、分限者に届けた。


 分限者の家ではおどろいて、相談の上、三百両の金を包んで破談を申し入れたと。
 娘は、川へ身を投げて死のうと思い、ふらふらっと家を出た。隣(となり)のバクチ打ちの家の前を通ったら、バクチ打ちと婆ァと医者との三人が酒盛り(さかも)を開いて、声高に話しておった。
 娘は、この三人が自分のことを言っているのに気がついて、耳をすませたと。
 縁談が破談になったわけは、この三人の悪だくみであったことが分かったと。
 娘は身投げする気が失せて、家に帰って爺(じい)さまと相談して、役人に訴(うった)えた。
 三人は捕(とら)えられ、娘は役人の取りはからいもあって、分限者の息子の嫁になったと。

 息子と娘は連れ添(そ)うてみると似合いの釜(かま)のフタとなり、一生しあわせに暮(く)らしたと。
 
 どっとはれぇ。

「息子の嫁」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

狐女房(きつねにょうぼう)

 むかし、あるところに一人の貧乏(びんぼう)な男があったと。  ある日の晩方(ばんかた)、男が畑仕事をあがって、山道を帰っていたら、うしろでもうひとつ足音がして、それが山の畑のあたりから、ずうっとついてくるふうだ。気味悪くなってふりかえったら、いとしげな若(わか)い娘(むすめ)がにこっと微笑(ほほえ)んだと。

この昔話を聴く

牛方三十郎と山姥(うしかたさんじゅうろうとやまんば)

むかし、糸魚川街道(いといがわかいどう)で荷物を運んでいた牛方に三十郎という者があった。ある日のこと、牛二頭を追って大網峠(おおあみとうげ)にさしか…

この昔話を聴く

鮭の大介(しゃけのおおすけ)

昔、奥州気仙郡竹駒村(おうしゅうけせんごおりたけこまむら)に相川(あいかわ)という家があった。この家の先祖は三州古川(さんしゅうふるかわ)の城主(じ…

この昔話を聴く

現在886話掲載中!