民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 世間話にまつわる昔話
  3. 石割り木挽

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

いしわりこびき
『石割り木挽』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
再話 本城屋 勝
整理・加筆 六渡 邦昭
資料 みちのく第2号 みしま書房

 昔コあったじょな。
 むかし、南部、今の秋田県のあるところで、家普請(いえぶしん)をするとて、木挽(こびき)を頼(たの)むことになったど。
 そこの旦那(だんな)は、どこの家より立派な家を建てようと、遠くの親戚に頼んで腕(うで)のたつ木挽を探してもらったど。そしたらある日、南部一の木挽がやって来たど。

 
石割り木挽挿絵:福本隆男

 はじめの日、その木挽はノコばかり研(と)いでいたど。そして次の日、朝飯を食ったらば、また、ノコを研ぎはじめたど。そして一日中ノコばかり研いでいたど。


 三日目の朝ま、木挽は、またノコを研ぎはじめたど。
 旦那は高い銭(ぜに)コを払っている木挽なので、気が気でねェぐなって、
 「二日も三日もノコを研いだら、木っコどころか、石も挽(ひ)くことが出来るようになるべ」
と、木挽を皮肉(ひにく)ったど。
 したば、木挽、
 「そうだな。石も挽くにええ」
と、しゃべったけど。


 旦那は怒(おこ)って、
 「それだら、縁先の所さ置いてある石を、真ん中から二つに挽いてみればええ」
としゃべったど。
 木挽は、さっそくと縁側の所さ行って、そこにある庭石(にわいし)を、ガリガリと音をたてて、真ん中から挽いて、下の方を少しだけ残したど。
 
石割り木挽挿絵:福本隆男


 「これは挽き残りといって、木挽の作法(さほう)で残すことになっている所だ」
と、しゃべって、ノコを鞘(さや)に収めたど。して、
 「まんず、やる気が無ぐなった」
と、出て行こうとしたっけど。
 旦那は、これはきっと、神さまが木挽に化けてやって来たのだべ、と思って、木挽の前さひざを折って、
 「いてたもれ」
と、頼んだど。


 んだが、木挽は
 「おらは師匠(ししょう)から、ノコを研ぐのを待っていられねえ家には、長くいるものではねえ、と教えられているから、行ぐ」
と、いって、とうとう行ってしまったけど。
 その木挽が二つに挽いた庭石は、今でも、南部に残っているど。
 

 どんとはねた。
 

「石割り木挽」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

米問屋の御礼(こめどんやのおんれい)

むかし、むかし。ある海辺に爺さんと婆さんと、息子と嫁とがひとつ家(いえ)で暮らしておったと。爺さんと息子は沖に出て魚を獲(と)り、婆さんと嫁は機(は…

この昔話を聴く

冥土からのことづて(めいどからのことづて)

むかし、阿波の国は美馬郡郡里村、今の徳島県美馬郡美馬町に爺(じ)さと婆(ば)さが暮らしておったと。 ある夏の夕暮れどき、爺さは風呂に入ったと。「ああ、ええ湯じゃった」と言うて風呂からあがって、たまげた。なんと…

この昔話を聴く

鯛とふぐと節分(たいとふぐとせつぶん)

昔昔のあるとき、和泉の国の岡田浦で鯛とふぐが一緒に漁師の網にかかって死んでしまったと。鯛とふぐは連れだって西の方へ歩いて行った。三途の川も渡って、なおも歩いて行くと・・・

この昔話を聴く

現在886話掲載中!