民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 世間話にまつわる昔話
  3. やきもち

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

やきもち
『やきもち』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭


 昔、あるところに木樵(きこ)りの夫(おっと)と女房(にょうぼう)とがあったと。
 夫は山に泊(と)まって木樵りにせいを出し、伐(き)った木が貯(た)まると、それを担(かつ)いで山を下りる暮(く)らしだったと。
 山から下りてきたときは、顔じゅうヒゲぼうぼうはやし、そのまんまの姿(すがた)で町に木を売(う)りに行く。

 
 ところが、山に入る日の朝になると、水ごりをして、ヒゲをそり、髪(かみ)もきれいになでつけて、景色(けしき)のいい男になる。女房は、
 「おれの夫(てて)は、おれの前ではちいっとも身(み)なりにかまわないのに、山さ入るときは、いっつも男振(おとこぶ)りをみがいて、きれいになって行く。もしかしたら、山さ仲(なか)のいい女(おな)ごでも居(い)るんでねえべか」
と思うて、胸(むね)やけてならんかったと。
 
やきもち挿絵:福本隆男

 
 あるとき、どうにも胸やけてらまらんようになった。で、夫が仕事(しごと)をしている山をこっそりのぞきに行ったと。
 コーン、コーンという木を打(う)つ斧(おの)の音を頼(たよ)りに、近づくと、居た。

 夫は危(あぶ)なげな崖(がけ)におがっている木を伐っていた。ところが、その夫の腰(こし)をうしろから、しっかり掴(つか)まえているものがいる。
 「はて、夫は一人仕事のはずだがなあ」
と思って、ようっく見たら、これがなんときれいな女ごだ、女ごが夫が崖から落(お)ちないように支(ささ)えている。
 
 頭(あたま)に血(ち)が登(のぼ)った女房は、
 「そらぁ、そらぁ、そういう女が居たのだあ」
と言うた。言うたら、きれいな女ごが手を離(はな)した。

 
 離したとたんに、きれいな女ごの姿が消(き)え、夫は崖から落ちて死んでしまったと。
 
 そのきれいな女ごは、山の神様(かみさま)で、夫の危(あぶ)ない仕事を守(まも)ってくれていたのに、女房のやきもちで、命(いのち)失(な)くしてしまったと。

  とっぴんからりのぷう。

「やきもち」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

怖い

女のやきもちは恐ろしい!やきもちも、ほどほどにしないといけないなと思いました。( 30代 / 女性 )

悲しい

かわいそう…夫を信じればよかったのに…( 10歳未満 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

夢買い長者(ゆめかいちょうじゃ)

 とんと昔があったけど。  あるところに正直な爺(じ)さと婆(ば)さがあって、その隣りに欲深爺(よくふかじい)と婆があったと。  ある正月元旦に、隣の爺が婆に、「婆、婆、おら妙な夢を見たや」…

この昔話を聴く

豆と狐(まめときつね)

 昔、昔。ある所(どこ)さ、爺(じ)っちゃど婆(ばば)ど住んでいたど。  ある日、爺っちゃ庭(にわ)掃(は)いているど、一粒(ひとつぶ)の大きな豆コ見つけたど。

この昔話を聴く

蛇の目玉(へびのめだま)

むかし、あるところに貧(まず)しい木樵り(きこり)がおったと。あるとき木樵りが山へ入るとどこからか女のうめき声が聞こえてきた。声のする方に近づいてみ…

この昔話を聴く

現在886話掲載中!