民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋 > 
  2. 頓知のきく人にまつわる昔話 > 
  3. 嘘こきさざなみ

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

うそこきさざなみ
『嘘こきさざなみ』

― 新潟県 ―
語り 井上 瑤
再話 水沢 謙一
整理 六渡 邦昭

 とんと昔があったげど。
 嘘(うそ)こきさざなみは、いつも嘘ばっかり言うているので、地獄(じごく)のえんま様が、
 「嘘こきさざなみは娑婆(しゃば)におくと、為(ため)にならんすけ、地獄へつれてこい」
と鬼(おに)どもに言いつけたと。
 
 正月十六日に赤鬼と青鬼が火の車ひっぱって、さざなみを迎(むか)えに行った。正月十六日は地獄の釜(かま)のふたが閉(と)じられる休みの日で、罪人(ざいにん)が休みで家に帰っている日だから、その日は罪人がそこいらにウヨウヨといて、火の車のじゃまになって、どうしようもねかったと。

 
 赤鬼と青鬼がさざなみの家へ行ったら、さざなみは、他の家へ嘘こきに遊びに行っていた。その家へ行って、
 「さざなみは居るか」
 「居た」
 「お前はこの火の車に乗って、地獄へ来い。迎えにきた」
と言うた。
 さざなみはえんま様の前へ連れて来られた。
 「お前が嘘こきさざなみか」
 「はい」
 「お前は嘘ばっか言うているすけ、舌(した)を抜(ぬ)いてしまう。その釘(くぎ)抜きをよこせ」


 「えんま様、舌を抜くのをちっと待ってもらいたい。嘘のこき治めに、もう一ぺんだけ嘘をつかしてもらいたいども、どうですか」
 「どうせお前の舌を抜くんだすけ、もう一ぺんなら言うてもよい」
 「えんま様、おらの言う嘘が、嘘でなく本当のことだったらどうします」
 「お前の嘘が、もし、本当であったら、また娑婆へ帰してやるこて」
 「それでは言うど。
  えんま様の舌を、おらが抜いてやる」
 「ほお、さざなみや、でっこい嘘を言うたな」
 えんま様おかしがって舌を出して笑った。その舌を、さざなみは釘抜きではさみ、えんま様の腹に足を掛(か)けて、チョコチョコと抜いたと。
 「さあ、約束通り、おらは娑婆に帰る」
と言うて、罪人台帳(ざいにんだいちょう)を墨(すみ)で真っ黒けに塗(ぬ)ってから戻ったと。

  これで いっちこさっけ、どっぺん、鍋の下ガラガラ。
 

「嘘こきさざなみ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

猿の仲裁(さるのちゅうさい)

むかし、ある所に大猫と小猫がおったそうな。ある日のこと、この二匹の猫が揃って歩いて行くと道端におむすびが二つ落ちていた。

この昔話を聴く

和尚さんと極楽風呂(おしょうさんとごくらくぶろ)

 昔あるところにお寺があって、和尚さんが一人おったと。  あるとき和尚さんは、法事に呼ばれて、一軒の貧しい檀家に行ったと。  お経を読んで法事が終わったら、その家のおっ母さんが、  「私ン家はこのとうりの貧乏家ですから、何のおもてなしは出来ませんが、せめて思うて、お風呂の用意をいたしましたから、どうぞお入りになって温もうて下さい」 というたと。

この昔話を聴く

おしずとたぬき

戦国(せんごく)のころ、青海島(おうみしま)に漁師を父にもつ、おしずという八つになる気だてのやさしい娘がいた。ある日のこと、この島にきた一人のかりう…

この昔話を聴く

現在867話掲載中!