民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 面白い人・面白い村にまつわる昔話
  3. 数字の手紙

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

すうじのてがみ
『数字の手紙』

― 新潟県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭

 昔、あったてんがな。
 ある年、天気がおかしなあんばいで、田んぼも畠(はたけ)も馬鹿(ばか)げに作(さく)が悪いだんが、村で寄り合いして、年貢(ねんぐ)をまけてもろうとて、役所に願い出ることになったてや。
 村の代表として、でく助ととんだ兵ェが行ぐことにきまった。
 二人は役所へ行って、ふところから書き付けを出して、
 「おそれながらお願いすます。村の、代表すて参りますた」
というた。
 役人が願書を見たれば、ただ、一から十までの字しか書いていないので、
 「これや、何だ」
と、きいたてや。したっきゃ、でく助、


 「おそれながら、おらがわけを話しますすけ、お願いすます」
というて前へ進み出た。役人がけげんな顔して見ている願書を、その前から指(ゆび)さして、
 「これや、こう読みますだ。
 『一(いち)は、いちいち語るも、二(に)は、にがにがしい。あとは、さん(三)ざんな仕(四)事(五)をすて、ろく(六)なことがない。質(七)ばち(八)おいても食(九)ていかんね。充(十)分の作(さく)も稔(みの)らん』

 
 ――とまあ、こんなわけらろも、年貢まけてもろうとの願書でござんす」
というて、役人の顔を見たら、役人は口(くち)をへの字にして聞いていた。
 「お前たちの願いのことはわかった。ちとひかえとれ」
というて、さらさらと書いた書付を二人にあずけた。
 「これを持っていけ」
といわれて、二人がその書付をみると、こんだ、逆に十から一まで書いてあるだけだ。


 「これは、なんでがんすか」
ときいたら、
 「こういうがんだ。よくきけ。
 『十(じゅう)分の作をとりながら、九(く)情を言うは嫌な八(やつ)。七(しち)をおくようなものは、六(ろく)なものではない。五(ご)ん語(ご)道断(どうだん)なることにて、四(し)ばりたいは山山(やまやま)なれど、三千世界(さんぜんせかい)の百姓は、二(に)っくいけれども、一度(いちど)は許す』

 ――と書いてある。のみこんだら、さっさと帰れ」 
 というて、追いはらわれた。
 でく助ととんだ兵ェは、年貢をまけてもらうどころか、願いに行ったことをやっと許されたがんだと。

 いきがポ―ンとさけた。

「数字の手紙」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

竜宮のお礼(りゅうぐうのおれい)

昔、あるところに親子三人がひっそり暮らしておったと。おとっつぁんは病気で長わずらいの末とうとう死んでしまったと。おっかさんと息子が後にのこり、花をつんで売ったりたきぎを切って売ってはその日その日をおくるようになったと。

この昔話を聴く

獺と狐(かわうそときつね)

 むかし、むかし、あるところに獺(かわうそ)と狐(きつね)があって、道で行き合ったと。狐が、  「ざいざい獺モライどの、よい所で行き合った。実はこれからお前の所さ話しに行くところだった」 というた。

この昔話を聴く

雨蛙の親不孝(あまがえるのおやふこう)

むかし。あるところに雨蛙(あまがえる)の親子がおった。親蛙(おやがえる)は子蛙(こがえる)を大事に育てたが、子蛙はちっとも親蛙の言うことを聞かん。親…

この昔話を聴く

現在886話掲載中!