民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. はてなし話
  3. セツ ブーン

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

せつ ぶーん
『セツ ブーン』

― 新潟県 ―
語り 井上 瑤
再話 大島 廣志

 むかし、あったてんがの。
 あるところに、爺(じい)さんがおって、あんまり腹(はら)が痛いもんだから、寺の和尚(おしょう)様のところへ行ったんだと。
 「和尚様、和尚様、腹が痛(いと)うてたまらんが、どうしたらいいのかのう」
 「腹が痛いのは虫がいるからじゃ。蛙(かえる)を呑めばすぐ治(なお)る」
 爺さ、さっそく蛙を呑むと、蛙がみ-んな虫を食うてしもうた。
 ところが、腹ん中を蛙が、ぺタラ、ぺタラぺタラ、歩きまわってしょうがない。
 また、寺へ行ったと。
 「和尚様、和尚様、腹ん中の蛙がぺタラぺタラと歩いて困るが、どうしたらいいのかのう」
 「それだば、蛇を呑めばすぐに治る」 

 
 爺さ、さっそく蛇を呑むと、蛇(へび)がみ-んな蛙を呑みこんでしもうた。
 そうしたら、今度は、腹ん中を蛇が、クラリクラリ、クラリクラリ遊びまわる。難儀(なんぎ)で難儀で、また、寺へ行ったと。
 「和尚様、和尚様、腹ん中の蛇が、クラリクラリと遊んで困るが、どうしたらいいのかのう」
 「それだば、キジを呑めばすぐに治る」
 爺さ、さっそくキジを呑むと、キジが蛇をつつき殺してしもうた。 

 
 そうしたら、腹ん中でキジが、ケンケン、バタバタ-、ケンケンバタバタ-と騒(さわ)ぐんやて。難儀で難儀で、また、寺へ行ったと。
 「和尚様、和尚様、腹ん中のキジが、ケンケン、バタバタ-と騒いで困るが、どうしたらいいのかのう」
 「それだば、狩人(かりゅうど)を呑めばすぐ治る」
 爺さ、道で出会った狩人を、パクッと呑むと、狩人が鉄砲(てっぽう)でズド-ンと一発、キジをしとめてくれた。


 そうしたら今度は、狩人の鉄砲が胃袋(いぶくろ)ん中で、ゴツゴツとぶつかるんやて。難儀で、難儀で、また、寺へ行ったと。
 「和尚様、和尚様、腹ん中で狩人の鉄砲がゴツゴツぶつかるが、どうしたらいいのかのう」
 「それだば仕方ねぇ、鬼(おに)を呑まねばだめだ」
 爺さ、夜になるのを待って、鬼が出て来たところを、パクッと呑んでしもうた。 
 鬼は胃袋ん中に入って、狩人を食うてしもうた。狩人がいなくなったので、腹ん中がばか良くなったけれど、今度は、鬼の角(つの)が腹にギリギリ、ギリギリささるんやて。難儀で、難儀で、また、寺へ行ったと。
 「和尚様、和尚様、腹ん中で鬼の角がギリギリささるが、どうしたらいいのかのう」

 
 「それだば、大口(おおぐち)あいて待ってろ」
 和尚様そう言うと、爺さの口ん中へ、
 「オニはぁそと-」
と投げ込んだと。
 そうしたら、鬼はあわててあわてて、爺さの尻(しり)の穴(あな)から、
 「セツ、ブ-ン」
と飛び出て来たと。

 いっちご さっけ。

「セツ ブーン」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

なんてひとだ

怖い

なんでいろんなものを飲み込めるのでしょうか… はっ!もしや…じさは化け物なんじゃ…( 10歳未満 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

歌の三郎と笛の三郎(うたのさぶろうとふえのさぶろう)

むかし、むかし、あるところに歌の三郎と笛の三郎という若者が隣合って住んでいた。歌の三郎は歌が上手で、笛の三郎は横笛が上手だった。二人は、もっと広い世界で芸を試してみたくなった。歌試し、笛試しの旅へ連れだって出かけたと。

この昔話を聴く

狐の宝珠とマタギ弥八(きつねのほうしゅとまたぎやはち)

トント昔(むがす)、あったけド。ある所(どこ)さ、弥八(やはち)っていう狩人(またぎ)あったド。ある時(どき)、山へ狩りへ行(え)ったけド。日ィ暮っ…

この昔話を聴く

仏を焼いた狩人(ほとけをやいたかりゅうど)

 昔、ある山間(やまあい)に一軒(けん)の家があって、男と女房(にょうぼう)とは暮(く)らしていたと。  家の前の道、ときどき、猟師(りょうし)たちが猪(いのしし)だの熊(くま)だの獲物(えもの)を担(かつ)いで通ったと。

この昔話を聴く

現在886話掲載中!