民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋 > 
  2. 大きな話・法螺話にまつわる昔話 > 
  3. ほらくらべ

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

『ほらくらべ』

― 新潟県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭

 昔、江戸のほら吹きが越後(えちご)のてんぽこきのところへ、ほらくらべにやって来たそうな。
 ところが、その時はちょうど越後のてんぽこきが留守だったので、その子供が出て来たと。
 「お父つぁん、おらんか」というと、子供は
 「あののし、うちのおとっつあんは、この前の風で弥彦山(やひこやま)がかしがったんで線香三本持って、突っかい棒をかがいに行った」
と言う。
 江戸のほら吹きは、
 「こいつは、子供のくせして、なかなかやるわい」
と思いながら、
 「母ちゃんはどこへ行ったな」
と聞くと、

 「かかさはな、天竺(てんじく)が破れたんで、虱(しらみ)の皮ぁ三枚持って、つぎに行かした」
と言う。江戸のほら吹きは、


 「そうかい、そいつはごうぎなことだ」
と、言いながら、そんなら、この子供をへこましてやろうと思って、
 「実はな、このあいだの風で、奈良の大仏さまの鐘がこのへんに飛んで来たはずなんだが、お前知らんかい」
とやってみた。
 ところが、子供はすぐに、
 「あぁ、そんなら俺らん家(ち)の、裏の蜘蛛(くも)の巣に引っかかってら」
と返した。
 これには江戸のほら吹きもさすがにおどろき、
 「子供ですらこんな調子じゃぁ、親はさぞかし、とんだ大ぼら吹きにちげぇねぇ」
と、舌を巻いて帰ってしまったそうな。

 いきがさけもうした なべのしたガラガラ。

 

「ほらくらべ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

吉四六さんの意地くらべ(きっちょむさんのいじくらべ)

 昔、豊後(ぶんご)の国、今の大分県臼杵市(おおいたけんうすきし)野津町(のつまち)大字野津市(おおあざのついち)というところに、吉四六(きっちょむ)さんという頓智(とんち)にたけた面白い男がおった。

この昔話を聴く

としくらべ

 昔話の中には、後世(こうせい)に語り継がれるかどうか、よくわからない話が沢山(たくさん)あります。  はたして生き残るのか、はたまた消えてしまうのかは、そのお話の生命力次第ですから、無用の心配はしないで、今ある話をただ単純に、あははと笑っていればいいのかもしれません。

この昔話を聴く

婿の鬼退治(むこのおにたいじ)

 むかし、ある村にすぐれた娘(むすめ)をもった長者があった。  娘は器量もよいが、機織(はたおり)の手が速く、朝六(む)つから暮(くれ)の六つまでに一疋(いっぴき)の布(ぬの)を織(お)り上げてしまうほどだったと。

この昔話を聴く

現在867話掲載中!