民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 大きな話・法螺話にまつわる昔話
  3. 野川の要三と鹿の毛皮

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

のがわのようぞうとしかのけがわ
『野川の要三と鹿の毛皮』

― 高知県安芸郡 ―
語り 井上 瑤
再話 市原 麟一郎

 高知県安芸郡北川村(こうちけんあきぐんきたがわむら)の野川に、要三(ようぞう)といって、とっぽーこきの面白い男がいた。明治の頃に生きて、かずかずのとっぽー話をふりまいて今に語り継がれている。
 とっぽー話というのは、ほら吹き話のことでこれもそのひとつ。
 
 要三さんが、ある日、山へ狩猟(かり)に行って一匹の鹿を撃(う)ちとった。要三さん悦(えつ)にいって、急いでその鹿の毛皮をはぎとったつが。
 ところが、腰の方から首まではいだときに鹿が急に生き還(かえ)って逃げ出した。
 撃ちとったつもりのものが、急所をはずれちょったもんじゃけに、皮をはがされて痛かったんじゃろか。


 その逃げ足の早いのなんの。
 「そりゃ、そりゃなかろ、待て、待て」
 いうたって、そういう間もあるもんか。すぐに、どこへ行ったやらわからんようになったつが。
 「惜(お)しいことをしたもんじゃ」
と悔やんだが、おいつくもんか。
 それからその年は、よう山へ狩猟にも行かんずくじゃったと。
 
 あくる年のことよ。
 そんなことも忘れて、あいも変わらず、毎日山へ狩猟に行きよったと。
 ある日のこと、要三さん、ケモノ径(みち)で弁当を食いよったところが、ガバガバ、ガバガバいうて来るもんがあるつが。
 今までお化けちゅうもんにゃ、まだ出おうたことはないが、今日こそ、こりゃお化けやら知れんと思うて、弁当もほっぽり出して、急いで鉄砲のタマをこめたら、間ものうケモノ径へ、何やら飛び出て来たつが。
 のがすものか、要三さんがねらい撃ちよ。撃ち殺して近よってみると、何と去年撃って首まで皮をはいで逃がいちょったあの鹿よ。


 その去年の皮が、首のところでちょうどいい具合に干せちょったもんじゃきに、それが動くたびにガバガバゆうて鳴りよったもんよ。
 しかも、首から下の皮をはいだあとには、新しい皮が生えちょったつが。
 要三さんは、この一匹の鹿で、いっぺんに毛皮を二枚とったと。

  むかしまっこう さるまっこう。
  さるのつべは ぎんがりこ。

「野川の要三と鹿の毛皮」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

親捨山(おやすてやま)

むかし、むかし。ある国にとても厳しいきまりがあったと。六十歳になった年寄りは、山へ捨てに行かなければならないのだと。その国のある村に、ひとりの親孝行な息子がおった。母親が六十歳になったと

この昔話を聴く

山の神とマタギ(やまのかみとまたぎ)

北秋田の山奥には、マタギというて、熊だの鹿だの獲(と)る猟師(りょうし)が、いまでも住んでおる。むかしは、何人かで組をつくっての、冬山に小屋掛けして…

この昔話を聴く

雉女房(きじにょうぼう)

むかし、あるところに貧乏な若者が一人暮らしておったと。ある冬の日、雉(きじ)が鉄砲撃(てっぽうう)ちに追われて薪木(まきぎ)を積み重ねたかこいにささっているのを見つけて、助けてやったと。

この昔話を聴く

現在886話掲載中!