民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 特異な能力にまつわる昔話
  3. アラキ王とシドケ王

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

あらきおうとしどけおう
『アラキ王とシドケ王』

― 鹿児島県喜界島 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤

 むかし、むかし、九州のずっと南にある喜界(きかい)ガ島(じま)というところに、二人の王さまがおったそうな。
 アラキ王とシドケ王といって、ふたりとも、大層(たいそう)力持ちの王さまだったと。
 あるとき、アラキ王が、ひとつ、力競べをしてやろうと思いたって、シドケ王のところへやってきた。家の前で、大声で、
 「シドケ王はおいでか。わしはアラキだ。今日は力競べにやって来ましたぞ」
と、呼ばったら、家の戸が開いて、内(なか)から、シドケ王の奥さんが出て来た。

 
アラキ王とシドケ王挿絵:福本隆男

 「どうぞ、こちらへお入り下さい。シドケ王は、まもなく帰ってきますから、しばらくここでお待ち下さい」
と、いうので、アラキ王が玄関に入ると、式台(しきだい)の前に、仁王(におう)さまがはくような、鉄の大足駄(おおあしだ)があって、そのそばには、鉄のつえも立てかけてあった。柱みたいに太いつえだ。


 「これは、なかなか手強(てごわ)い相手だぞ」
 アラキ王は、ためしに、その足駄(あしだ)をはき、そのつえを持って歩き出そうとしたら、いやその重いこと、重いこと、足がびくともしない。
 うーんと、力を入れてうなっていると、にわかに外が暗くなった。
 戸の間から外をのぞくと、たきぎの山が歩いてきた。そして、
 「おーい、今、帰ったぞお」
と大きな声でたきぎの山が言ったから、アラキ王が目をしばたいて、よおっく見たら、何と、シドケ王が山のようなたきぎをかついでおった。
「これはなかわん」
アラキ王は、いっぺんにおそろしくなって、こそっと、玄関から抜け出し、どんどこ、どんどこ、自分の家の方へ逃げていった。


 シドケ王が、奥さんからこのことを聞くと、
 「ようし、それでは、これから追いかけて行って、どうでも、力競べをしてくれる」
と、かけ出して行った。
 シオミチという海ばたの道をかけていくと、向こうに坂道があって、アラキ王が駆けのぼって、もう、向こう側へおりかけておった。


 そこでシドケ王が、雷(かみなり)のような声で叫(さけ)んだと。
 「シオの坂、さがれーい」
 すると不思議(ふしぎ)なことに、そのシオの坂が、ペコンと低くなって平らになったと。
 それでも、アラキ王は、まだ風のように走って逃げて行く。
 そこで、シドケ王が、また、雷声で、
 「大川ー、出ろー」
と叫んだ。


 すると、これまた不思議(ふしぎ)。村はずれに、あっというまに大きな川が出来たと。
 逃げ足の速(はや)いアラキ王は、その川をひとっ跳(と)びに跳び越(こ)して、オデンという姉さんの家へかけこんだ。
 そこへ、シドケ王がやっと追いつき、
 「そちらから持ちかけた力競べじゃ。アラキ王、さあ出て来い」
と呼びたてた。
 すると、アラキ王の姉さんが出て来て、
 「力競べは、まず、この姉から」
という。シドケ王は、
 「なんの、この女め」
というやいなや、姉さんをひとつかみにして、屋根より高く投げあげた。


 ところが、この姉さん、なかなかの力持ちで、落ちてくるが早いか、今度は、シドケ王をおかえしとばかりに、屋根より高く投げあげた。
 シドケ王は、運わるく、大きなクワの木の上に落ち、枝の間にはさまれたと。
 
アラキ王とシドケ王挿絵:福本隆男


 身体(からだ)を抜こうと足をふんばると、ヒョウタンが足元にたくさん転がっていて、コロコロして足に力が入らん。
 さすがのシドケ王も、このアラキ王の姉さんには負けをみとめたと。
 それでも、アラキ王には勝ったので、この勝負、引き分けということになり、ふたりの王さまは、それからは仲よくすることになったそうな。
  
 そいぎいのむかしこっこ。

「アラキ王とシドケ王」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

鬼女紅葉(きじょもみじ)

むかし、むかし、奥州(おうしゅう)の会津(あいづ)に笹丸(ささまる)と菊世(きくよ)という貧しい夫婦(ふうふ)が暮らしていたと。二人には子供がなかっ…

この昔話を聴く

海おんな(うみおんな)

 むかし、佐渡国雑太郡稲鯨(さどのくにさわたごおりいなくじら)、今の新潟県佐渡市稲鯨(新潟県さどしいなくじら)に六蔵(ろくぞう)という漁師(りょうし)が女房とすんであったと。

この昔話を聴く

鬼を笑わせた爺さま(おにをわらわせたじさま)

むかし、あるところにひとりの爺さまが住んでおったと。爺さまは、面白い昔コ語っては、人を笑わせていたと。ところが爺さまも年も年とて、ある日、ころっと死んでしもうた。

この昔話を聴く

現在885話掲載中!