民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 動物の争いにまつわる昔話
  3. サルとカエルの餅競争

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

さるとかえるのもちきょうそう
『サルとカエルの餅競争』

― 福島県 ―
再話 大島 廣志
語り 井上 瑤

 むかし
 サルとカエルがおって、餅搗(もちつ)いて食べまいかという相談をしたと。
 ペッタラ ペッタラ ペッタラコ
 ペッタラ ペッタラ ペッタラコ
 餅が搗き上がってみたら、あんまりうまそうなんで、サルはなんとかひとりじめしようと考えたんだと。

 
サルとカエルの餅競争挿絵:福本隆男

 「カエル、カエル、山の上さ臼(うす)持って行って、餅食うべ」
というたら、カエルは、
 「んじゃ、そうすんべ」
と承知したと。


 サルとカエルは、臼をかついで、ホイセ、ホイセと山の上さ持っていった。そうしたらサルは、こんど、
 「なあカエル。ここから谷底(たにそこ)へ臼をころばして、追っかけていって先に取ったもんが餅を食うことにしめえか」
というた。カエルはことわると、何されるかわからんから、
 「んじゃ、そうすんべ」
というてしまった。
 サルとカエルは山の上から臼をころばしたんだと。そうしたら、サルはしめたとばかり、一目散(いちもくさん)に山をかけおりた。カエルは、しょうねえから、臼にくっついた餅でもなめるべと思って、ペコンペコンと山をおりていったと。


 サルがやっと谷底へついて、臼の中をみると、餅はなんもなかった。
  <こりゃおかしい、臼の中に餅がないっちゃおかしい>
と、サルはもときた道をボックラボックラ登っていった。そしたら、途中の木の枝に餅がベッタリくっついていて、カエルがうまそうに餅を喰っていたと。カエルは、
 「これはおれの餅だから、だれにもやらねェ」
と、サルにいうた。
 「そういわねぇで、おれにもちょっとくろ」
 「いや、最初から、餅をひとりで食うべと思っていたやろ。そういうお前の根性(こんじょう)が悪いから、おれはやらねぇ」


 すると、サルが、
 「ああ、餅が下の方さ、たれさがって、落ちてしまうぞ。土つくから、下の方から食ったらよかんべ」
 「下の方から食おうが、上の方から食おうが、カエルの勝手(かって)じゃ。谷底さいって、臼にくっついている餅でもなめらっせ」
というて、カエルは、ひとりでうまそうに、餅をペロリと食うていたんだと。
 
サルとカエルの餅競争挿絵:福本隆男


 そんで、サルは餅をひとりじめしようと思うたが、ちっとも食えんかったんだと。
 
 ざっとむかし、すぎた。

「サルとカエルの餅競争」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい

サルがひとりじめしようと思ってたのに反対のことになっちゃった!( 10歳未満 / 男性 )

怖い

つまらない ( 10歳未満 / 男性 )

楽しい

言いお話ですね! すごいです!

もっと表示する
楽しい

面白かったです( 10代 / 男性 )

驚き

欲張りは、ズルはやめようと思いました!( 40代 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

雁の恩返し(がんのおんがえし)

昔あったと。津軽の国、今の青森県の津軽半島に十三湖(じゅうさんこ)という大きな湖があって、そのそばに、一人の爺さまが住んでおったと。ある冬の吹雪の夜…

この昔話を聴く

ぼっこ食い姉(ぼっこくいあね)

昔、あるところに長者どんがおって、娘に三国一の聟を欲しがっておったそうな。あるとき、三人の若者が同時に「我を聟に」と談じ込んだ。

この昔話を聴く

子供の情は雨三日(こどものじょうはあめみっか)

むかし、あるところにお寺があったと。その寺に毎日欠かさずお参りに来る婆さんがおった。雨の日も晴れの日も熱心に拝んで行く。が、拝みおえると、必ずウ-ウ…

この昔話を聴く

現在886話掲載中!