民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 言葉の聞き違い・言葉遊びにまつわる昔話
  3. 一反三百

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

いったんさんびゃく
『一反三百』

― 山形県 ―
再話 清野 久雄
語り 井上 瑤

 むがしあったけど。
 ある家に姑(しゅうとめ)と嫁がいて、大変仲が悪くて、どうしたら姑に勝てるか、嫁に勝てるか、て、考えでいたけど。
 
一反三百挿絵:福本隆男


 あるとき、寺の和尚さまさ聞きに行ったけど。
 まず姑婆さまは反物(たんもの)を一反(いったん)持って、
 「和尚さま、おら家の嫁、きかねさげ、どうしたらえがんしょ」
て聞いたば、和尚さまは、
 「嫁の年はなんぼがの」
 「はえ、十八だぞし」
 「そんなら、嫁が何か行ったらば、”十八念仏なんまいだ” て、言えばええんでねが」
て、いったけど。
 ありがどがんす、って反物一反置いで、家さ帰って来たけど。


 翌日、嫁もまだ、こそっと銭三百文(ぜにさんびゃくもん)持って、
 「和尚さま、和尚さま。おら家の姑婆さまきかねさげ、どうしたらえがんしょ」
て、聞ぎにいったけど。
 したば和尚さま、
 「そういう人ごそ、なんまいだ」
て言えて、教えてくれたけど。


 次の日、こんどは聟(むこ)も、
 「和尚さま、和尚さま、おら家の姑婆さまど嫁が、なんだて仲悪りぐで困ったもんだが、どうしたらえがんしょ」
て、聞きに行ったけど。
 したば和尚さま、
 「どっちもこっちもなんまいだ」
て言えて、教えでぐっだけど。


 家に帰ったば、姑と嫁は一所懸命(いっしょけんめい)、
 「十八念仏なんまいだ」
 「そういう人ごそ、なんまいだ」
て、いいあっている。そこで聟は、
 「どっちもこっちもなんまいだ」
て加わって、家の中ワンワンて言って、なかなかおさまりそうもない。らちあかないので、三人で和尚さまのところへ行ったけど。
 和尚さまさ三人が、
 「十八念仏なんまいだ」
 「そういう人こそ、なんまいだ」
 「どっちもこっちもなんまいだ」
とて訴(うった)えて、さわがしいのだと。お手あげとなった和尚さま、
 「一反三百ただぺろりん」

 
一反三百挿絵:福本隆男

 こういうて、四人で本堂をぐるぐるまわっていだけど。
  
 とっぴんからりんねけど。

「一反三百」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい

和尚さんの言ったことを、本気で信じた三人が、同時に念仏を唱えているなんて面白すぎます。( 10代 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

狐女房(きつねにょうぼう)

 むかし、あるところに一人の貧乏(びんぼう)な男があったと。  ある日の晩方(ばんかた)、男が畑仕事をあがって、山道を帰っていたら、うしろでもうひとつ足音がして、それが山の畑のあたりから、ずうっとついてくるふうだ。気味悪くなってふりかえったら、いとしげな若(わか)い娘(むすめ)がにこっと微笑(ほほえ)んだと。

この昔話を聴く

和尚の挨拶(おしょうのあいさつ)

 とんと昔があったげな。  昔、あるところにお寺があって、和尚(おしょう)さんと小僧(こぞう)さんと寺男(てらおとこ)がおった。

この昔話を聴く

太郎の笛(たろうのふえ)

ずっと昔、父(とと)さんと母(かか)さんと赤ン坊の太郎が暮らしておったんやて。父(とと)さんは横笛づくりでは二人とない名人じゃったが、気が向かないと…

この昔話を聴く

現在872話掲載中!