民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 異界訪問にまつわる昔話
  3. 見るなの蔵

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

みるなのくら
『見るなの蔵』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭

 むかし、あったけど。
 あるところに爺(じ)さまがあって、山の中で働(はたら)いていたと。せい出して働いていたら帰り時をあやまったと。じきに暗くなって、爺さま道に迷(まよ)って困(こま)っていると、向こうの方に灯(あかり)がテカン、テカンと見えた。
 その灯を頼(たよ)りに着いてみると、山の中の一軒屋(いっけんや)にきれいな娘(むすめ)が一人いて、どこかへ出掛(でか)けるふうだ。爺さ、
 「お前(めえ)、どごさ行(え)ぐ」
と聞いたら、娘が、


 「おれ、ちょっと行って来るさげ、お前、留守番(るすばん)頼まれてくほ。おれの留守の間、馬やしなっていてくれれば良いさげ」
と言う。爺さま、
 「あ、あぁ良いとも」
と言うたら、娘が、
 「こごの家に蔵(くら)が三つある。三つある蔵のうち、二つまでは見てもいいが、三つ目の蔵はなにしても見ないでいてくほ」
と言うて、出掛けて行ったと。
 
 一人になった爺さま、囲炉裏(いろり)にかかっていた鍋(なべ)から煮物(にもの)を盛(も)って晩飯(ばんめし)にしたと。
 飯を食い終(お)えたらひまになった。蔵を見ることにしたと。
 一つ目の蔵開けて見たら、何もない。
 二つ目の蔵開けて見ても、何もない。
 爺さま、三つ目の蔵も開けて見たかったが、娘との約束を思い出して開けなかったと。

 
 やがて、娘が戻ってきて、
 「爺さまが約束を守(まも)ってくれたので、おれこころおきなく用を足(た)すことが出来た」
と言うて、珍(めずら)しい宝物(たからもの)をいっぱいくれたと。
 爺さま、よろこんで家に帰ったと。
 婆(ば)さまと二人で、
 「えがった」
 「えがった」
と言いながら、その宝物を見ていたら、隣(となり)の良(え)ぐなし爺がひょっこりやって来て、
 「お前だ、その宝物、なしたや」
と聞いた。
 爺が、これこれこうだと話したら、
 「お前だばかりに得(とく)させらんね」
と言うて、ピューと帰って行った。
 隣の良ぐなし爺、山に行ったと。日の暮(く)れるまで山の中に何もしないで腰(こし)かけていたら、やがて向こうの方に灯がテカン、テカンと見えた。


 「おう、あれだ」
と言うて、その灯を頼りにたどり着いてみると、一軒屋の中にきれいな娘が一人いた。良ぐなし爺、
 「道、間違(まちが)ったから一晩泊(と)めてくれ」
と言うと、娘は、
 「おれ、ちょっと行ぐさげ、お前、留守番頼まれてくほ。留守の間、馬やしなっていてくれれば、それでええさげ」
と言うた。良ぐなし爺、
 「あ、あぁわがっでる」
と言うたと。
 「ここの家には蔵が三つある。三つある蔵のうち、二つまでは見てもいいが、三つ目の蔵は、なにしても見ないでいてくほ」
 「ああ、わがってる。いいとも」
 娘が出掛けて行くと、良ぐなし爺、すぐに蔵を見に行った。
 一つ開けて見、二つ開けて見しても、蔵の中には何もない。
 「三つ目の蔵は開けるなと云(ゆ)われたが、なに、かまうもんか、どれ」
と言うて、三つ目の蔵も開けたと。


 蔵の中には梅の木に鶯(うぐいす)が一羽(いちわ)止まっていて、ケキョ、ケキョ、ケキョ、とけたたましく啼(な)いたと。良ぐなし爺、
 「なんだ、つまらん」
と言うて戻り、囲炉裏にかかっていた鍋から煮物を盛って食い散(ち)らかしていたら、娘が帰って来たと。
 娘は、
 「おれ、仏様(ほとけさま)に言いつけらって、法華経(ほけきょう)を唱(とな)えでいたなだども、もう少しで唱え終えるところで、お前に見られてしまった」
と言うて、悲(かな)しそうな顔したかと思うと鶯に姿形(すがたかたち)が変わって、飛んで行ってしまったと。鶯の飛び立ったあとは、山と谷だけで一軒屋も何もなかったと。

 どんべからっこ、ねっけど。

「見るなの蔵」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

まさか女の人がウグイスだったなんて、 悪いじいさんが蔵を見なければ良かったのに ひどいじいさんだなぁ

こんなおはなしも聴いてみませんか?

五月節句の菖蒲湯(ごがつせっくのしょうぶゆ)

むかし、あるところに婆(ばあ)さんと娘がいてあったと。ある晩げ、眠(ねむ)っていた婆さんは何かの音で目が覚(さ)めた。どうやら娘の部屋に若者風なのが…

この昔話を聴く

烏と鷹(からすとたか)

むかしは染物(そめもの)をする店を普通(ふつう)は紺屋(こうや)と呼んだがの、このあたりでは紺屋(くや)と呼んどった。紺屋どんは遠い四国の徳(とく)島からくる藍玉(あいだま)で染物をするのですがの、そのやり方は、藍甕(がめ)に木綿(もめん)のかせ糸を漬(つ)けては引きあげ、キューとしぼってはバタバタとほぐしてやる。

この昔話を聴く

卵は白茄子(たまごはしろなす)

むかし、あるお寺に和尚(おしょう)さんと小僧(こぞう)さんとがあった。和尚さんは食べることが大好きで、小僧さんに隠(かく)れては何ぞ口に入れとったと。

この昔話を聴く

現在885話掲載中!