民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 言葉の聞き違い・言葉遊びにまつわる昔話
  3. 福の神がござった

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

ふくのかみがござった
『福の神がござった』

― 高知県 ―
語り 井上 瑤
再話 市原 麟一郎

 とんとむかし、土佐(とさ)の安田の奥(おく)の中山に、貧乏(びんぼう)な男がおったそうな。
 なんぼ働いても暮(く)らしがようならんき、てっきり貧乏神に食いつかれちょると思いよった。
 ところが、その男の隣(となり)におんなじような貧乏な家があったが、不思議なことに、二、三年しよると急に暮らしがようなったと。
 ほんで男は、ひょっとしたら、貧乏神を追い出したかもしれんと思うて、隣の家へ行って、
 「おまん、どうやって貧乏神を追い出したぜよ。すまんが教えてくれんか」
いうて頼(たの)むと、隣のひとは、
 「かんたんなことじゃ、家の戸口にこう書いちょけ。“ござったりや、ござったりや 福の神がござった”と、こうじゃ。かんたんじゃろが」
と教えてくれたそうな。
よろこんだ男は、さっそく習うたとおりに書いて、戸口へ貼(は)りつけておいたと。


 やがて、一年たち、二年たった。けんど暮らしは一向にようならん。あいかわらずの食うや食わずの貧乏暮らし。とうとう三年目に、しびれを切らして隣の家へ行ったと。
 「おまんに教えてもろうたとおりにやったけんど、一向に福の神は来ざったが」
 「そりゃ、おかしいのう。来ないかんはずじゃに。どれ、ひとつ書きつけを見せてみい」
 そこで、書いたものを持って、隣の人に見せたと。そしたら、
 「こりゃいかん。これじゃお前(ま)ん、来(こ)んはずよ。“ござった”の“こ”にボチがついちゃせんじゃりか」と、いうきに、よう見てみたら、なるほど、
 「こざったりや こざったりや 福の神がこざった」
と、書いてあったそうな。
 
 むかしまっこう さるまっこう
 さるのつべは ぎんがりこ。

「福の神がござった」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

その方法で、貧乏神おいはらえるの‼︎( 10歳未満 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

泥棒狐と熊の尾っぽ(どろぼうぎつねとくまのおっぽ)

むかし、あるところに悪知恵の働く狐がおったと。ある冬の寒い日、狐は腹を空かせて、どこかに食べる物はないかと探し探し川辺りまで来たと

この昔話を聴く

豆と狐(まめときつね)

 昔、昔。ある所(どこ)さ、爺(じ)っちゃど婆(ばば)ど住んでいたど。  ある日、爺っちゃ庭(にわ)掃(は)いているど、一粒(ひとつぶ)の大きな豆コ見つけたど。

この昔話を聴く

化物寺、謎解き問答(ばけものでら なぞときもんどう)

むかしあったと。 ある村のはずれに、化け物が出るというお寺があった。 村の人達はおそろしいもんだから、誰(だれ)もそのお寺には近づかないようにしていた。

この昔話を聴く

現在886話掲載中!