民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 大きな話・法螺話にまつわる昔話
  3. わに鮫と医者坊主

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

わにざめといしゃぼうず
『わに鮫と医者坊主』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭

 昔、ある渡場(わたしば)に乗り合いの船(ふね)があったと。お客を乗せて海を渡っていたら、急に船が動かなくなったと。いっくらこいでも、船は前にも進まない、後(うしろ)にも戻(もど)らない。
 すると船頭(せんどう)は、お客一同に、
 「これは、わに鮫(ざめ)がお客様方の誰かを見込(みこ)んだためだから、どうか、めいめいの持ち物を何かひとつ海へ投(な)げて下さい。そうすると、見込まれない人の物はそのまま流れるが、見込まれた人の物は、水の中に沈(しず)むから」
と言うた。
 そこでみんなは、めいめい持ち物をひとつ取り出して海に投げ入れたと。
 すると、ゲンナさんという医者坊主(いしゃぼうず)の投げた手拭(てぬぐい)だけが、引き込まれるように沈んだと。


 ゲンナさんは、こうなっては仕方(しかた)がない。他の一同を救(すく)うためなら、と覚悟(かくご)して、薬箱(くすりばこ)を肩(かた)にかけて水の中へ飛び込んだ。
 
わに鮫と医者坊主挿絵:福本隆男

 
 わに鮫が大っきな口を開けてゲンナさんを一呑(ひとの)みにしたと。
 わに鮫の暗い腹(はら)の中でゲンナさんは必死(ひっし)になって考(かんが)えた。やがて、薬箱の中から一番苦(にが)い薬を取り出して、それをわに鮫の腹の中一面(いちめん)になすりつけた。
 わに鮫はゲンナさんを呑んで腹がふくれ、大いに満足(まんぞく)して泳(およ)いでいたら、急に腹具合(ぐあい)がおかしくなった。痛(いた)いし、ムカムカするし、あんまり苦(くる)しくて、とうとうゲロッて吐(は)いた。
 ゲンナさんも一緒(いっしょ)に吐き出されて、渚(なぎさ)の砂(すな)の上まで飛ばされたと。


 船の人達(ひとたち)はそれを見て、声かけあって船を岸(きし)にこぎ寄(よ)せたと。青い顔してひっくり返(かえ)っているゲンナさんを、手をさすり、足をさすり、顔をさすりしていたら、すっかり元気をとり戻(もど)した。


 「やあ、よかった」
 「よかった」
言うて、みんなして喜(よろこ)んだら、船頭が酒樽(さかだる)をひとつ、船から下(お)ろして、酒盛(さかも)りが始まった。
 酒を呑みながら船頭が言うには、今までにいろいろな船が同じような目にあい、見込まれた者が海に飛び込んだり、嫌(いや)がるのを投げ入れられたりしたそうな。そうした者の内、誰一人(だれひとり)として生きてかえった者はなかったのだと。


 「だから、格別(かくべつ)にめでたいこっちゃ。ゲンナさん、ここはひとつお前さん踊(おど)らにゃならん」
と言うと、ゲンナさんその気になって鉢巻(はちまき)をしながら立ち上がって、
 
 〽 わに鮫に呑まァれて 吐き出さァれェ
    運がいいやら 悪いやらァ
 
と歌って踊ったと。そしたら、海の中からわに鮫が顔を出して、
 
 〽 おめのよな臭(くさ)ァ坊主
    のんだことねえ
    煮(に)ても焼(や)いても 呑まれねえ
 
と、ののしったと。
 
  どんとはらい。

「わに鮫と医者坊主」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

狼石(おおかみいし)

 南部と秋田の国境(くにざかい)に、たった二十軒(けん)ばかりの淋(さび)しい村がある。この村から秋田の方へ超(こ)えて行く峠(とうげ)の上に、狼(おおかみ)の形をした石が六個(こ)並(なら)んでいる。

この昔話を聴く

水乞い山(みずこいやま)

 むかし、百姓(ひゃくしょう)は、ただ下積(したづ)みになって暮らして来たわけだナス。  干魃(かんばつ)で苦しみ、冷害(れいがい)で泣がされ、年貢米(ねんぐまい)の割り当てでは役人にしぼり取られでス。

この昔話を聴く

田根森根っこ(たねもりねっこ)

昔、昔。田根森の人達、薪(たきぎ)が少なくて、大した難儀(なんぎ)してだけど。ある冬の寒い日、この田根森さ、みすぼらしい一人の坊主、お貰(もら)いに…

この昔話を聴く

現在886話掲載中!