民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 草木の話・動物の由来にまつわる昔話
  3. 時鳥の兄弟

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

ほととぎすのきょうだい
『時鳥の兄弟』

― 石川県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭

 昔、あるところに兄弟があったと。
 兄は病気で目が見えなくなり、食べ物を探しに行けなくなったと。
 弟は、一人で食べ物を探してきては、兄にいいところを食べさせ、自分はまずいところばかり食べていたと。

 ある冬の寒い日、弟は食べ物を探しに山へ行ったと。
 そしたら、わずかばかりの山芋(やまいも)が見つかった。冬のこととて、芋はしぼんで小さなものだったと。


 弟は、山芋を煮(に)て、自分は芋の蔓首(つるくび)のところばかりを食べ、兄には美味(おい)しそうな芋を食べさせたと。
 ところが兄は、
 「こんなしなびた芋を食わせやがって。お前は俺が目が見えないことを良(い)いことに、自分はいいところばかり食って、おれにはこんなしなびたものしかくれない」
というて、弟を責めたと。
 
時鳥の兄弟挿絵:福本隆男

 
弟は、
 「そんなことはないよ。今は冬で、なかなか食べものを探すのもたいへんなんだ。春になったら、きっとうまいものを探してくるから、そんなことを言わないで、辛抱(しんぼう)しておくれよ」
というと、
 「嘘つくな。お前は自分さえよこればいいやつだ」
というて、なおも責めたてたと。弟は、
 「そんなに疑(うたが)うのなら、俺(おれ)の腹(はら)を断(た)ち割って見てみればいい」
というた。兄は、
 「ようし」
というて、弟の腹を切り裂(さ)いたそうな。


 そのとたんに、見えなかった兄の目がみえるようになったと。
 見えるようになった目で、切り裂いた弟の腹の中を見ると、芋のヘタと芋のツルばかりであったと。
 兄は弟を疑ったのを後悔したと。
 「すまなかった。すまなかった。」
いうて、詫(わ)びたと。
泣いて泣いて、とうとう時鳥(ほととぎす)になったと。


 それで時鳥は今でも、
 「弟恋し、芋掘って食わそ、
  弟恋し、芋掘って煮て食わそ」
と、毎日八千八声(はっせんはちこえ)ずつ啼(な)くのだと。そうして、もし、人がその途中で口まねをすると、例え、八千七声までいっても、また始めから八千八声啼き返さなければならないのだと。

 
時鳥の兄弟挿絵:福本隆男

 時鳥が木に止まっているときに見ると、口が赤いのも、この啼き過ぎのため、血を吐(は)いているからなんだと。
 
 それきりちょうのなんば味噌(みそ) ぺろっとなめたら辛(から)かった。
 

「時鳥の兄弟」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

悲しい

ホトトギスの声が聞こえたら、この話を思い出すだろうな。( 30代 / 女性 )

悲しい

兄の目が悪くなったから、弟のわざわざお腹を切ったなんて、少しかわいそう。私にも妹がいます。( 10歳未満 / 女性 )

驚き

衝撃!この先 時鳥の声を聞くたびにこのお話を思い出しそう。( 50代 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

髪剃り狐(かみそりぎつね)

昔、あるところの原っぱに、性悪(しょうわる)で化け上手の狐(きつね)がおったと。通る人を坊主頭にするので、村の人たちはおっかながって、誰もその原っぱを通らなくなった。不便(ふべん)でしょうがないのだと。

この昔話を聴く

いつかの晩げ(いつかのばんげ)

トント昔、あったけド。ある村さ、女子の六部(ろくぶ)ァ一人旅して来たけド。晩方なったどて、道端の家さ泊まったけド。

この昔話を聴く

五月ごろうの由来(ごがつごろうのゆらい)

むかし、ある山間(やまあい)の村に両親と三人の兄弟が住んでおったと。あるときから、一番上の兄が、毎晩どこかへ出かけて行き、夜中過ぎに冷たい身体で帰っ…

この昔話を聴く

現在882話掲載中!