民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋
  2. 現代の怪談ばなし
  3. ゆうれい井戸

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

ゆうれいいど
『ゆうれい井戸』

― 千葉県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤

 むかし、と言ってもそんなに古いことではない。君が小学生なら、君のお爺さんお婆さんにあたるお人が、まだ子供時代のころだ。
 その頃日本は戦争をしていて、あちこちに連隊(れんたい)の駐屯地(ちゅうとんち)といって、兵隊(へいたい)がたくさん集まっているところがあった。
 千葉県のある連隊にひとりの兵隊がやってきた。
 その兵隊は、美しい娘と結婚の約束をしたばかりだった。


 あるとき、その兵隊に連隊駐屯地の見張(みはり)り番がまわってきた。
 兵隊は、娘に、夜になったら見張り番の場所に忍んでくるように連絡をした。そこなら、誰にも見つからないで会うことが出来る。
 兵隊は見張り番をしながら、娘のあらわれるのを待った。
 
ゆうれい井戸挿絵:福本隆男


 今来るか、今来るかと待ったが、いくら待っても娘はあらわれない。
 そのうちに見張り番の交代(こうたい)のときがきてしまった。兵隊は、
 「またいつか会えるだろう」
と、つぶやいて、しかたなく宿舎へ戻って行った。
 それから少しして、娘がその場所へやって来た。実は、娘に急の用事ができて、約束の時間に来れなかったのだった。
 夜中のことだし、兵隊は皆同じ服を着ているから、見張り番が交代したことなど、娘にはわかりようもない。
 娘は建物(たてもの)の陰(かげ)から、そおっと婚約者(こんやくしゃ)の名前を呼んだ。


 そうしたら
 「誰かあ」
という大きな声が返ってきた。
 娘は恥ずかしくて、すぐには返事ができなかった。すると続けて、
 「誰かあ、そこにいるのは誰かあ」
と見張り番の兵隊が叫(さけ)んだ。
 こんどは婚約者の兵隊がふざけているのだと思って、返事をしなかった。そして建物の陰からそおっと顔を出した。

 
ゆうれい井戸挿絵:福本隆男

 ズトーン
 見張り番の兵隊は、いきなり鉄砲(てっぽう)をうった。


 軍隊では三度誰何(さんどすいか)しても返事のないときには撃(う)ち殺してもよいということになっていたのだった。
 殺された娘は、古い井戸の中へ投げこまれたと。
 それからというもの、夜になると、古い井戸の中から女の幽霊(ゆうれい)が出るようになったそうな。
 
 おしまい。

「ゆうれい井戸」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

悲しい

可哀想すぎ

悲しい

戦争の悲劇( 50代 / 男性 )

楽しい

面白い?( 10歳未満 )

もっと表示する
悲しい

面白かったです( 10歳未満 / 男性 )

悲しい

楽しかった

驚き

今の小学生の祖父母世代はほぼ戦後生まれでは?( 30代 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

あとかくしの雪(あとかくしのゆき)

とんと昔があったげど。ある冬の夕方、雪のふりつもった里の村に旅の坊さまがやってきた。腹(はら)をすかせ、とぼらとぼら歩きながら、一軒(いっけん)一軒…

この昔話を聴く

座頭の木(ざとうのき)

昔、あったずもな。あるどこに川の渡守(わたしもり)居てあったど。その年、うんと雨降って、洪水出て大変であったど。洪水のあと、渡守り、流れてくる木を拾…

この昔話を聴く

のぶすま

むかし、むかし。 ふたりの男が連れだって、茶臼(ちゃうす)山へ登ったそうな。 古い合戦(かっせん)のありさまを話し合いながら、あのあたり、このあたりと眺(なが)めていたが、せっかくここまで来たのだから、大茶臼(おおちゃうす)へも登ろうということになったと。

この昔話を聴く

現在886話掲載中!