民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋 > 
  2. 言葉の聞き違い・言葉遊びにまつわる昔話 > 
  3. 節分の鬼

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

せつぶんのおに
『節分の鬼』

― 新潟県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭

 むかし、むかし、あるところに貧乏(びんぼう)なトトとカカがおったと。
 ある節分(せつぶん)の夜のこと、あちこちの家では、「鬼(おに)は外、福は内」って豆まきが始まったと。
 そしたらトトは、
 「おら家(え)も毎年、『鬼は外、福は内』って言うども、あいかわらずの貧乏所帯(びんぼうじょたい)だ。どう言うても変わりねえなら、今年はちいっと、風変りにやろうかい」
言うて、
 「福は外、鬼は内。福は外、鬼は内」
と、でっかい声で呼ばって豆まきしたと。

 
 そしたら、あっちからこっちから、赤鬼や青鬼どもが鉄棒(てつぼう)かついで、
 「痛(い)てて、痛てて」
 「ありがたや、ありがたや」
言うて、逃げ込んできた。
 「トト、カカ、お前(め)たちだけだ、鬼は内ゆうて、俺(おれ)たちを呼ばってくれたのは。ありがたかったぁ」
 「ほんに、ほんに。見てくれ、俺のこのアザを。熱っちい豆をぶつけられて、ヤケドだらけになっちまったい。おお痛で」
と、口々(くちぐち)に言うんだと。


 トトとカカは魂消(たまげ)て魂消て、へなへなって土間にへたりこんだままで「あわわわ」言うとる。
 鬼は、そんなトトとカカをひょいとつかんで、囲炉裏端(いろりばた)にペタンと座らせたと。
 「おどろかしてすまね。トトとカカは俺たちを呼ばってくれたんだ。とって食わねから心配しないでええ」
 トトとカカは、それ聞いてやっと安心したと。
 「トト、カカ、俺たち、逃げまわってのどが渇(かわ)いた。酒を御馳走(ごっつおう)してくれんか」
 「俺はヤケドの薬だ」
と言うもので、カカはやっとのことで、
 「おらちは貧乏だで、何もねえのだ」
と言うたと。そしたら、赤鬼と青鬼が一匹(いっぴき)ずつ、フンドシをはずしてトトに渡した。


 「このフンドシを持って、金に替(か)えて、歳(とし)とり酒と、歳とり肴(ざかな)を買ってきてくれ」
 トトは赤いフンドシと青いフンドシを持って質屋(しちや)へ行った。
 番頭(ばんとう)は鬼のフンドシを手に取ってつくずく見おったが、奥へ入ったっきり、なかなか出てこない。
 トトが心配しているところへ、番頭がようやく戻(もど)ってきた。
 「主人(しゅじん)と相談したども、そう沢山(たくさん)は貸(か)してやれない」
 「どれくれえ、貸してもらえるだろか」
 「千両(せんりょう)よりは貸せらんねえが、ええかのう」
 トトはたまげてしもうた。
 千両の金を背負ったトトは、帰りに酒と肴と米、醤油(しょうゆ)、味噌(みそ)をしこたま買って戻ったと。
 鬼たちはゴッツオを食べて、酒を呑(の)んで、フンドシをほどいて、皆々フリチンで踊(おど)ってばか騒(さわ)ぎしたと。


 その騒ぎを隣の爺(じ)さが聞きつけて、
 「隣では、何ごとがおこったやら、バカに賑(にぎ)やかだども」
言うて、のぞきにきた。
 そしたら、フンドシをはずした赤鬼や青鬼が、トトとカカと一緒に踊っているんで、もっとよく見ようと家の中に入りかけた。
 トトが、
 「そこへきたのは何者だあ、酔(よ)っぱらいか」
と聞いたら、隣の爺さは、
 「わしゃ酔っぱらいでねえ、正気(しょうき)だ」
と言うた。
 それを聞いた鬼どもは、魔物退治(まものたいじ)で有名な鐘馗様(しょうきさま)がきたと思うて、
 「鐘馗がきたんじゃ、こうしてらんねえ」
言うて、フンドシや鉄棒を置いたまま、裏口(うらぐち)からあわてて逃げて行った。
 トトとカカは、鬼のフンドシと鉄棒を売って、大金持ちになったと。

  いちがさけ申した。

「節分の鬼」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

沼の貸し膳(ぬまのかしぜん)

むがす、あるどごろに貧乏な爺さまと婆さまがいだど。爺さまは毎日山で柴を刈り、それを町で売って暮らしを立てていだったと

この昔話を聴く

大沼の主と娘(おおぬまのぬしとむすめ)

むかし、あるところに代々続いた大層な長者があったと。あるとき、長者はふいの病であっけなく死んだと。あとには嬶様(かかさま)と娘が残された。ある朝、嬶…

この昔話を聴く

ミソサザイ

むかしむかし、ミソサザイはこぼしやであったと。毎日毎日、藪(やぶ)から藪へと飛び移り飛び返り、ああこの藪もつまらない、あの藪もつまらない、とこぼして…

この昔話を聴く

現在867話掲載中!