民話の部屋 民話の部屋
  1. 民話の部屋 > 
  2. 現代の怪談ばなし > 
  3. 和尚手土産

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。

おしょうてみやげ
『和尚手土産』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭

 むかし、あるところにお寺があって、その門前に貧乏(びんぼう)な夫(とど)と嬶(かか)が暮(く)らしておっだど。
 あるとき夫が遠くへ旅に出掛(か)けたど。そして、とある長者どのの家さ、金持ちになる弟子にして呉(く)ろと頼(たの)んだど。長者どのは、
 「ええども、ええども、そんではここで働いてみれ」
ど、置いてくれたど。

 まづ、先の三年は山さ入って、松の根っコ掘(ほ)りばかりさせられ、後の三年はその掘っだ根っコを割木(わりぎ)にして、くる日もくる日も町さ売りにやられだど。

 
  六年の間を辛抱(しんぼう)しだら、長者どのは、夫に松の根っコを売っただけの金をみんなくれで、
 「金持になる修行(しゅぎょう)はこれでいいがら、家さ帰って家業をやれ」
といってくれだど。
 夫が喜んで村さ帰っで来るど、留守(るす)の間にお寺の和尚(おしょう)が、嬶のどころさ通っで無理難題(むりなんだい)を持ちかけで困(こま)っているどいう噂(うわさ)を小耳にはさんだ。
 これは、と思っでそろっど家に近づいてみるど、やっぱり和尚が来でいで嬶に何事か無理難題を言っている様子だ。
 夫は、外からわざと大きな声で、
 「かか、かか、俺(おれ)だや、今帰った」
どいったど。


 和尚はどでして、そこにあっだ空の水ガメの中さ飛び込(こ)んだど。
 夫は知らん振(ふ)りしで家さ入って行き、
 「かかや、かかや、俺は六年も他所(よそ)さ行っで辛抱して来たども、銭(ぜに)一文身につけて来なかっだ。お寺さまさ何にも手土産ないがらこれもってくべな」
どいっで、和尚の隠(かく)れたカメさ、菰(こも)をぎっちりどかぶせて縄(なわ)しばりをし、かついでお寺さ行っだど。
 そして、和尚の嬶さんの前さ、どんと下ろしで、
 「これ手土産でがんす」
どいっだど。和尚の嬶さんは、
 「そんたな小汚(ぎた)いカメなど、おらほでは要らん。とっどど持って帰ってくれ」
どいったど。夫は、
 「はぁ、そんではしかたないがら、沢(さわ)さでも捨(す)てで来ますべが。その前に、ちょっと手洗(ちょうず)貸して呉ない」
どいっで、便所さ行く振りしで、耳そばだてだど。


 そしたら、カメの中から和尚が、
 「嬶、嬶、このカメはただのカメではない。和尚飛び込みのカメどいっで、えらい宝(たから)ガメだから、十両もやっで、まづまづ貰(もら)って置いで呉ろ」
どいっているだど。
 それがらというものは、和尚も懲(こ)りで夫の嬶に無理難題つけに来なぐなったし、嬶も晴々ど夫ど暮らせるようになったので、いい身代の家になっだど。
 
 どっとはらい。

「和尚手土産」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

怖い話じゃないような( 男性 )

感動

あきらめずに頑張れば、いいことがあると思いました。お金持ちになって、しあわせに暮らせるようになってよかった。( 10歳未満 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

梟とカラス(ふくろうとからす)

昔、あるところに染物屋があったと。この家の息子は仕事もせんと遊んでばっかりの極道者(ごくどうもん)だったと。あるとき、お城のお侍(さむらい)が白絹(…

この昔話を聴く

竹姫(たけひめ)

 むかしむかし、爺(じ)んつぁと婆(ば)んちゃ居だっけど。  爺んつぁ、竹伐(き)って暮(く)らしった。  ほれ、洗濯竿(せんたくざお)だの、竹細工する竹だの、いろいろ伐って暮らしった。

この昔話を聴く

狐の仇討(きつねのあだうち)

 むかし、ある村に藤六(とうろく)という百姓(ひゃくしょう)がおったと。  ある日のこと、藤六が旅から村に帰って来る途(と)中、村はずれの地蔵(じぞう)堂のかげで、一匹の狐(きつね)が昼寝(ね)しているのを見つけた。

この昔話を聴く

現在867話掲載中!